最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 輝き薄れるなか新型iPhone発表へ! | トップページ | アップルが新製品発表会で語らなかったこと! »

2016年9月 8日 (木)

新型iPhone、注目はカメラの撮影性能!

米アップルは、最新のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」でスマホ向けカメラ・ナンバーワンの地位を奪回する構えです。2つの背面カメラがそのカギを握っているのです。

 

 iPhoneは世界で最も人気のカメラの1つでもあり、概して総合的に最も優れたスマホ向けカメラを提供してきました。しかし最近は、韓国・サムスン電子の非常に高性能な「Galaxy(ギャラクシー) S7」やリコール(回収・無償修理)が発生している「Galaxy Note(ギャラクシーノート)7」のカメラに水をあけられています。

 

 そのため、新型iPhoneの背面カメラの改良には多くの視線が注がれました。画面サイズ4.7インチの「iPhone 7」は、背面カメラは1台ですが、従来は大画面モデルの「Plus(プラス)」のみに搭載されていた光学手ぶれ補正機能が加わりました。また、レンズの絞り開放値はF1.8と撮影時により多くの光を取り込めるようになったほか、新しい1200万画素のセンサーはiPhone 6sのセンサーよりも60%高速化されました。さらに、iPhone6sでは2つだったLEDフラッシュライトが4つになり、明るさが50%増しました。

 

 画面サイズ5.5インチの「iPhone 7 Plus」は1200万画素の背面カメラが2つ搭載され、連携して機能します。1つはiPhone 7と同じ通常の広角レンズ。もう1つは望遠レンズで、210倍までのズームが可能に。デュアルカメラでズームがよりスマートで正確になったほか、新たな「ポートレート」モードで撮影すると、被写界深度を狭めて背景をぼやかすことができ、高いレンズの付いた高額なカメラと同じようなボケ効果を得られるようになりました。撮影中は、どのカメラが使われているかを意識することはないでしょう。

 

 背面のデュアルカメラでiPhone 7 Plusはスマホカメラの王者に返り咲けるだろうか。最終的な答えを出すにはもう少し検証が必要ですが、スマホに背面デュアルカメラ方式を採用したのはアップルが初めてではありません。

 

 中国・華為技術(ファーウェイ)の「P9」は背面にレンズを2枚搭載し、より多くの光を取り込んだり、被写界深度効果を調整したりできるようにしています。韓国・ LGエレクトロニクスの「G5」と今月発売予定の「V20」はいずれも背面に2つカメラが搭載されていますが、1つは通常の撮影用、もう1つは広角撮影用で切り替えて別々に使用します。両社のカメラは同じくらい素晴らしいのですが、われわれはサムスンのGalaxy S7のシングル背面カメラに軍配を上げました。いずれもアップルのiPhone 6s Plusのカメラよりも優れていました。

 

 アップルは、今回の改良でiPhone 77 Plusも暗い場所での撮影性能が向上し、色域が拡大したと述べています。また、RAW形式での撮影が可能になり、米アドビシステムズのデジタル写真ソフト「Photoshop Lightroom(フォトショップライトルーム)」などを使ったデスクトップパソコンでの編集に適した大きめの画像が得られます。

 

 iPhone 77 Plusは前面カメラも改良され、画素数が700万画素にアップしました。(ソースWSJ

« 輝き薄れるなか新型iPhone発表へ! | トップページ | アップルが新製品発表会で語らなかったこと! »

ネット・IT・IT関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218364/64174641

この記事へのトラックバック一覧です: 新型iPhone、注目はカメラの撮影性能!:

« 輝き薄れるなか新型iPhone発表へ! | トップページ | アップルが新製品発表会で語らなかったこと! »