最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自動運転で出遅れたトヨタ、ギアチェンジの裏側! | トップページ | 金融でも先駆者だったデビッド・ボウイ! »

2016年1月16日 (土)

グーグル自動運転車のニアミス、14カ月で13回!

Googleの自動運転車は優に1年以上にわたり、カリフォルニア州マウンテンビュー付近の道をおおむね無事に走り続けてきましたが、いざというときには即座に運転を替わる人間をまだ必要としています。

 

 カリフォルニア州自動車局が20161月第2週に公開したレポートによると、Googleの自動運転車は少なくとも13件のインシデントで、人間のドライバーが介入しなければ何かにぶつかっていたといいます。

 

 このレポートによれば、201511月までの14カ月間において、カリフォルニア州内でのテスト中に人間が運転を替わる必要が生じたのは341回で、そのうち272回は、その丸味を帯びた形の車に搭載された自動運転技術の不具合によるものだったそうです。

 

 これらの不具合の大半を占めるのは、ソフトウェアまたは認識のエラーだった。また、そのような不具合が発生したすべての事例で、テストドライバーは車から警告を受け、手動運転に切り替えていました。何が問題だったのかを解明するために、すべてのインシデントは記録され、後にシミュレータで再現されています。シミュレータでの検証の結果、人間の介入がなければGoogleの自動運転車は衝突していたと思われる事例は、記録されたインシデントのうち13回だけだったといいます。

 

 Googleの自動運転車が起こしたニアミスのうち2件は、道路に置かれたコーンをよけようとした際に発生したもので、テストドライバーが代わりに運転したため、他の車からぶつけられずに済んだケースも3件ありました。後になってGoogleのエンジニアがシミュレータでこれらの状況を再現してみたところ、人間のドライバーが関与しなければ、自動運転車は他の車にぶつけられていたことがわかったそうです。

 

 「このような出来事はめったにないもので、当社のエンジニアがこうしたシミュレーションでの衝突について慎重に調査し、ソフトウェアを改良して自動運転車が安全に走行できるようにしている」とGoogleはカリフォルニア州自動車局のレポートの中で述べています。ソフトウェアの「修正」は長距離のシミュレーション走行によるテストを経た上で、実際の路上でもう一度テストされると同社は説明しています。修正がうまくいったことが確認されれば、全車にその修正が適用されます。

 

 Googleによれば、自動運転車の走行距離が増えるにつれて、シミュレータでの再現を必要とする問題事例の数は減少するといいます。ただし、こうした事例がめったに起きないがゆえに、傾向を把握するのは難しかったようです。Googleの自動運転車がカリフォルニア州の公道を走行した距離は合わせて424331マイル(約68km)で、20154月以降はニアミスに1件も遭遇していないそうです。(ソースCNET

« 自動運転で出遅れたトヨタ、ギアチェンジの裏側! | トップページ | 金融でも先駆者だったデビッド・ボウイ! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーグル自動運転車のニアミス、14カ月で13回!:

« 自動運転で出遅れたトヨタ、ギアチェンジの裏側! | トップページ | 金融でも先駆者だったデビッド・ボウイ! »