最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 原子力の安全性めぐるパラダイムシフト、誇張された被ばくリスク? | トップページ | 7-9月期の日本GDP改定値、前期比年率1.0%増に上方修正! »

2015年12月 9日 (水)

北京市、大気汚染で初の「赤色警報」発令!

北京の市民は、どれほど大気汚染が悪化すれば北京市政府が最も深刻な「赤色警報」を発令するのかと長いこと思案してきました。

 

 北京市はこれまで赤色警報の発令を控えてきました。それに伴い、当局が一連のスモッグ対策を実施することが義務づけられるためです。例えば、車両の半分が走行を禁止され、学校閉鎖が勧告され、屋外の建設作業も禁止となります。赤色警報は、少なくとも理論的には、最低3日連続で大気汚染指数が300を超えると当局が予想する場合に出されます。

 

 中国の大気汚染指数は500が最大で、政府はこの水準を「重度の汚染」としています。

 

 北京市は7日、初めて赤色警報を発令しました。対策の実施は8日午前からとなります。同市の環境保護局は汚染が10日まで続くとみています。(ソースWSJ

« 原子力の安全性めぐるパラダイムシフト、誇張された被ばくリスク? | トップページ | 7-9月期の日本GDP改定値、前期比年率1.0%増に上方修正! »

自然・環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218364/62836020

この記事へのトラックバック一覧です: 北京市、大気汚染で初の「赤色警報」発令!:

« 原子力の安全性めぐるパラダイムシフト、誇張された被ばくリスク? | トップページ | 7-9月期の日本GDP改定値、前期比年率1.0%増に上方修正! »