最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「イスラム国」は国家か 西側の対応がカギ! | トップページ | 税滞納すればパスポート取り消し-米で法制化へ! »

2015年11月25日 (水)

H2A 海外受注の人工衛星 打ち上げ成功!

日本のロケットとして初めて海外の民間企業から受注した人工衛星を載せたH2Aロケット29号機は、24日午後4時前、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、およそ4時間半後の午後8時17分ごろ、高度およそ3万4000キロで衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。

 

H2Aロケット29号機は、1段目のメインエンジンに点火したあと、4本取り付けられた補助ロケットにも点火し、午後3時50分、ごう音とともに発射台を飛び立ちました。そして、燃焼を終えた補助ロケットや1段目のエンジンを切り離したあと、2段目のエンジンを3回にわたって点火して通常より大幅に長い4時間半にわたって飛行を続け、午後8時17分ごろ、高度3万4000キロで衛星を軌道に投入し、打ち上げは成功しました。

今回打ち上げたのはカナダの「テレサット」社の通信放送衛星で、日本のロケットが海外の民間企業から打ち上げを受注したのは初めてです。

 

これまで静止衛星の打ち上げでは高度300キロ付近で衛星を分離していて、ここから高度3万6000キロの静止軌道までは衛星に搭載された燃料でたどり着く必要がありました。これに対して今回は、衛星の燃料を節約して寿命を延ばすため、ロケットが静止軌道の近くまで衛星を運ぶという飛行時間・飛行高度ともに前例がない打ち上げとなり、2段目のエンジンなどに改良が施されていました。

 

衛星の打ち上げを巡る国際市場の競争が激化するなか、これでH2Aロケットは23回連続で打ち上げに成功したことになり、日本が悲願としてきた市場への参入に弾みがつくと期待されています。(ソースNHK

 

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後3時50分、鹿児島県の種子島宇宙センターから、カナダの衛星運用大手「テレサット」の通信放送衛星「テルスター12V」を搭載したH2Aロケット29号機を打ち上げました。衛星は約4時間半後、予定した軌道に投入され、打ち上げは成功しました。国産ロケットによる民間商業衛星の打ち上げは初めてで、衛星打ち上げビジネス参入に弾みがつくと期待されています。H2Aの打ち上げ成功は23回連続。29回中28回の成功で、成功率は96.6%になりました。

 

 テルスター12Vは今後、赤道上空約3万6000キロを周回する静止軌道に入ります。

 

 29号機は「高度化プロジェクト」により、ロケットの2段目を改良しました。エンジンの冷却機能を改善するなどして、最大飛行時間をこれまでの2時間から5時間半に延ばし、エンジンの噴射回数も2回から3回に増やし、搭載した衛星の目的軌道により近いところまでロケットで運ぶことができるようになりました。これにより、衛星側の燃料を節約することで寿命を延ばすことができます。(ソース毎日新聞)

« 「イスラム国」は国家か 西側の対応がカギ! | トップページ | 税滞納すればパスポート取り消し-米で法制化へ! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H2A 海外受注の人工衛星 打ち上げ成功!:

« 「イスラム国」は国家か 西側の対応がカギ! | トップページ | 税滞納すればパスポート取り消し-米で法制化へ! »