最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ナスダックが15年ぶりに最高値更新 ITバブル以来! | トップページ | 世界で最後の1頭 オスのキタシロサイを24時間警備! »

2015年4月25日 (土)

マグロやホホジロザメ、遊泳速度2.7倍 高い体温で可能に!

国立極地研究所の渡辺佑基助教らのグループは21日、マグロやホホジロザメなど体温の高い魚は普通の魚に比べて、遊泳速度が2.7倍速く、回遊距離も2.5倍長いことを明らかにしました。ペンギンやクジラなどの恒温動物に近いと言います。研究グループは高い体温によって速く泳ぐことができるようになり、地球規模での大回遊を可能にしたと見ています。

 

研究グループはセンサーなどを搭載した記録計をせびれなどに取り付けて測定した魚類46種の平均遊泳速度を比べました。

 

体温がまわりの水温より5~15度高いホホジロザメやマグロといった魚は、体温が水温と変わらない同サイズの魚に比べて2.7倍の速度で泳ぐことがわかり、ペンギンなどの海鳥やクジラなどの海生哺乳類に近いそうです。マグロの遊泳速度は速いというイメージを科学的に裏付ける研究成果としています。

 

年間の回遊距離を比較したところ、体温の高い魚は普通の魚より2.5倍も回遊距離が長く、遊泳速度が速い魚ほど回遊距離が長い傾向にあったといいます。渡辺助教は「回遊距離が長くなることで、エサの増減など環境の変化に対応しやすくなると考えられる」としています。

« ナスダックが15年ぶりに最高値更新 ITバブル以来! | トップページ | 世界で最後の1頭 オスのキタシロサイを24時間警備! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグロやホホジロザメ、遊泳速度2.7倍 高い体温で可能に!:

« ナスダックが15年ぶりに最高値更新 ITバブル以来! | トップページ | 世界で最後の1頭 オスのキタシロサイを24時間警備! »