最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説! | トップページ | カッパドキアに新たな地下都市、過去最大と推定! »

2015年3月30日 (月)

今年は「皆既月食」と満開の夜桜が同時に見れるチャンス日!

今年のお花見はちょっと特別な日になりそうです。と言うのも、201544日は日本全国で「皆既月食」を見ることができるということで、国立天文台によると、天候がよければ12分間ほどの天体ショーを肉眼で観察することができるそうです。満開予想は44日とグッドタイミングなのです。その他の地域でも日本全国多くの地域で今回の「満開の夜桜と皆既月食」のコラボが楽しめそうです。

 

しかも、お花見シーズン真っただ中の「土曜日」ということもあって、満開の夜桜をみんなで眺めながら、皆既月食を見ると言う、大変貴重な体験が楽しめそうです。日本気象協会による満開予想は44日です。その他の地域でも日本全国多くの地域で今回の「満開の夜桜と皆既月食」のコラボが楽しめそうです。

 

実際に皆既月食が見える当日の時間帯はこちら!

 

1915分 部分食の始め

2054分 皆既食の始め

2100分 皆既月食の最大

2106分 皆既食の終わり

2245分 部分食の終わり

 

月食は、満月がだんだんと欠け始める部分食から始まり、完全に月が地球の影に入る皆既月食の間は月が赤黒く輝いているように見える、赤い満月です。

 

今回のタイミングを逃すと、次に桜の季節に皆既月食が重なるのは2032年、17年後となってしまいます。 月食の時間といい、桜の開花タイミングといい、まさしく今回はベストの状態です。

 

ぜひとも44日の土曜の夜は、気の合う仲間といっしょに夜桜と赤い満月を楽しんでみてはいかがでしょう。

« 木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説! | トップページ | カッパドキアに新たな地下都市、過去最大と推定! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は「皆既月食」と満開の夜桜が同時に見れるチャンス日!:

« 木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説! | トップページ | カッパドキアに新たな地下都市、過去最大と推定! »