最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「座りっぱなし」で寿命が縮む? 運動してもリスク残る! | トップページ | 米国に広がるダム撤去の動き! »

2015年2月 5日 (木)

世界最速の自動車 時速1000マイルを目指せ!

ジェットエンジンとロケットブースターを持ち、アルミニウムの車輪で走る自動車「ブラッドハウンド・スーパーソニックカー(SSC)」。現在製造が進められているブラッドハウンドSSCは、地上走行の最高記録である時速1000マイル(約1609キロ)に到達することを目指しています。

 

ブラッドハウンドSSCの車体はチタニウムとカーボンファイバーで出来ており、銃弾よりも速く走るよう設計されています。英国を拠点にしているブラッドハウンド・プロジェクトは2016年に全長8.9メートルのブラッドハウンドSSCを南アフリカのハクスキーン・パンへと輸送し、そこで新記録樹立に挑戦します。

 

英王立空軍の元中佐でジェット戦闘機のパイロットだったアンディー・グリーン氏によれば、これほどの高速でもバラバラにならない自動車を設計できたことがすでにエンジニアの技術の勝利だといいます。グリーン氏はプロジェクトの拠点があるブリストルでCNNの取材に、「ゴムは使っていない。時速450マイル(約720キロ)を超えるとタイヤを保持することが本当に難しい。ばらばらになってしまう。そこで固体アルミニウムを使うことにした」と語っています。

 

イラクやボスニア、アフガニスタンに従軍経験のあるグリーン氏は空中と地上の両方で音速の壁を越えたと主張できる唯一の人物かもしれません。グリーン氏は1997年、「スラストSSC」という車両で時速763マイル(マッハ1)の記録を出し、地上で音速の壁を越えた最初の人物となっています。

 

ブラッドハウンド・プロジェクトでは地上での最高速度をさらに塗り替えることを目指しており、車体には、ジェット戦闘機やF1カー、宇宙ロケットの部品が使われています。3つのエンジンを備え13万5000馬力が出るブラッドハウンドSSCにはさらにロケットブースターが搭載されており、これで時速1000マイルに必要な推進力を得ます。

 

チームはブラッドハウンドSSCが走行できる砂漠を見付けるため世界中を調べ上げました。時速1000マイルで走行するということは数秒で道路から外れる可能性があります。必要なのは完全に平らな地形で、少なくとも12マイル(約19キロ)の長さと2マイルの幅があることです。

 

最終的に選ばれたのが南アのハクスキーン・パンで、ブラッドハウンドSSCは3.6秒で1マイルを走行します。これは、1秒ごとにアメリカンフットボールのフィールド4.5面分を端から端へと移動するのに等しいのです。

 

ブラックハウンド・プロジェクトは時速1000マイルの壁を突破することを目指しています。この数字に今までで最も近づいたのは、ジェット戦闘機F104がほぼ地上の高さで時速988マイルを出したときだといいます。ジェット機よりも早く地上を走ることが可能なのでしょうか。興味は尽きません。

« 「座りっぱなし」で寿命が縮む? 運動してもリスク残る! | トップページ | 米国に広がるダム撤去の動き! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界最速の自動車 時速1000マイルを目指せ!:

« 「座りっぱなし」で寿命が縮む? 運動してもリスク残る! | トップページ | 米国に広がるダム撤去の動き! »