最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昨年末の国の借金は1029兆円 1人当たり811万円 3月末には大幅拡大も! | トップページ | 今日はバレンタインデー! »

2015年2月13日 (金)

多重星ができる過程解明のきっかけとなる生まれたての4重星を発見!

天文学者による国際チームが、未来の四重星系が形成される非常に初期の様子を観測、211日付の『Nature』誌に発表した。四重星系誕生の様子を詳細に見たのは、おそらくこれが初めてだそうです。

 

見つかったのは、地球から800光年ほどの距離に位置するペルセウス星団にある、バーナード5B5)と呼ばれるガス雲です。天文学者らは世界最大級の電波望遠鏡2つ(米ニューメキシコ州のVLAとウェストバージニア州のグリーンバンク望遠鏡)とハワイ州のジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡を併用し、このガス雲に原始星1つと高密度ガス領域3つが抱かれている様子を発見しました。

 

これら星の卵は、約4万年で星になると考えられていて、天文学的には、ほんの一瞬の出来事でもあります。しかし、4つの星は永遠に一緒にいるわけではないと、研究者は予想しています。コンピューターモデルによると、いずれ1つの星が分離し、重力的な結び付きの強い3つが三重星系を形成するというのです。

 

今回の論文の共著者である英国マンチェスター大学ジョドレルバンク天体物理学センターのゲイリー・フューラーは、こう述べています。「この種の多重星系は、宇宙では非常に一般的です。スター・ウォーズのタトゥイーンを想像してみてください。太陽が2つあるでしょう。あれは、現実とそんなにかけ離れていません。実際、すべての恒星のうち半数近くが、この種の星系を形成しているのです」。

 

地球からわずか4.37光年と、最寄りの恒星であるケンタウルス座アルファ星は、二重星系です。多重星系は私たちの銀河系にふつうに存在しますが、その形成過程は長年の謎だったのです。

 

一方で、多くの星が多重星系であることを考慮すると、むしろ私たちの太陽が、今から50億年前になぜ単星として生まれたのか。その誕生の秘密の方が大きな謎かもしれません。惑星の分布から、太陽系が多重星系になったことはないと考えられています。

 

新たな発見は、未解読のパズルを解くための重要なピースとなったのです。

« 昨年末の国の借金は1029兆円 1人当たり811万円 3月末には大幅拡大も! | トップページ | 今日はバレンタインデー! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 昨年末の国の借金は1029兆円 1人当たり811万円 3月末には大幅拡大も! | トップページ | 今日はバレンタインデー! »