最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! | トップページ | 心不全の心臓再生実用化にテルモが申請! »

2014年11月 2日 (日)

人工知能、センター模試・英語で平均点超え NTTなど開発!

NTTコミュニケーション科学基礎研究所と岡山県立大学などは30日、開発した人工知能に大学入試センター試験の英語の模擬試験を解かせたところ、受験生の平均点を上回ったとそうです。人工知能に入っている大量の英字新聞や会話文の文章を参照しながら解くようにすることで、苦手だった、文脈の把握が必要な問題などを克服できたというのです。

人工知能は大手予備校の代々木ゼミナールが作成した模擬試験に挑戦し、200点満点で95点を取り、受験生の平均点の93.1点を超えたそうで、別の研究グループが昨年、開発した人工知能の点数よりも43点上がったといいます。

この調子でコンピューターの知能が上がってくればいつの日か、人工知能が人間の知能を上回ってきて、SF映画に出てくるような世界に向かっているのかなと言う感じがしてきます。将棋の世界ではすでにコンピューター―がプロを負かすほど腕を上げています。しかし碁の世界ではまだプロには勝てていないのが現状です。

コンピューターの知能もまだまだと思っていたら、いつの間にか入試で受験生の平均点を上回っていたというのですから驚かされます。科学の進歩と言うのは一般の人が思っている以上に進歩が速いのではないでしょうか。気が付いた時にはすでに追いつかれていたなんて言う時が来るのではないでしょうか。

« FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! | トップページ | 心不全の心臓再生実用化にテルモが申請! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能、センター模試・英語で平均点超え NTTなど開発!:

« FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! | トップページ | 心不全の心臓再生実用化にテルモが申請! »