最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一度は行ってみたい日本の世界遺産ランキング! | トップページ | オリオン座が無くなる?ベテルギウス超新星爆発あるのか! »

2014年11月25日 (火)

東芝 人工光合成、世界最高の変換効率1.5%達成!

東芝は太陽光と二酸化炭素(CO2)などから燃料をつくる次世代技術「人工光合成」で、世界最高の変換効率を達成する材料を開発しました。変換効率は1.5%で、実用化に近づきました。火力発電所などが大量に排出するCO2をそのまま利用して、工場や自動車などの燃料が生産できるそうで、同社は2020年をメドに実用化を目指します。

 

光合成は太陽光で水から酸素を作ったうえ、CO2から糖などのエネルギーを得る植物の働き。温暖化ガスであるCO2を原料にして人工的に燃料が得られます。

 

東芝が開発した技術は、半導体と金の触媒を組み合わせた。半導体に太陽光を当てて水から酸素と水素イオンをつくり、触媒でCO2と水素イオンから一酸化炭素(CO)を得る。COを処理すればメタノールなどの燃料が作れるといいます。太陽光エネルギーを燃料エネルギーに変換する効率は1.5%で植物の藻類に匹敵します。これまではパナソニックの電子材料が0.3%で最高だった。

 

実用化には10%の変換効率が必要ですが、東芝は改良を進めれば実現できるといいます。長期間使っても効率を保つよう耐久性も克服する予定です。

« 一度は行ってみたい日本の世界遺産ランキング! | トップページ | オリオン座が無くなる?ベテルギウス超新星爆発あるのか! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝 人工光合成、世界最高の変換効率1.5%達成!:

« 一度は行ってみたい日本の世界遺産ランキング! | トップページ | オリオン座が無くなる?ベテルギウス超新星爆発あるのか! »