最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 滑膜幹細胞で半月板損傷の再生に挑戦! | トップページ | FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! »

2014年10月31日 (金)

地球の水の起源、誕生当時から存在?

青く美しい地球。1030日に発表された古代隕石の最新研究によると、その壮麗な姿の源である「水」は地球の誕生当時から存在していたという。地球の海は、いつどこから来たのでしょう。アメリカ、マサチューセッツ州ウッズホールにあるウッズホール海洋研究所(WHOI)のアダム・サラフィアン氏率いる研究チームは、従来の説よりもかなり早い時期に地球に到来していた可能性を発見しました。

 

それは約46億年前、内太陽系のすべての天体がまだ形成中の時代です。地球の水の起源を何億年もさかのぼることになります。従来の仮説は次のような内容です。形成当時の地球は乾燥しており、その後、高エネルギーの衝突によって表面は溶けた状態になりました。水がもたらされたのは、水分を多量に含む彗星や小惑星の衝突が頻繁に起こったかなり後の時代!

 

共同研究者でWHOIの地質学者ホルスト・マーシャル氏は、「地球の形成時に存在した水分子は、蒸発または宇宙に吹き飛ばされたという仮説があります。現在、海として表面を覆う水は、何億年も後にやって来たと考えられていた」と語っています。しかし確証は得られていません。そのため、研究チームは太陽系の歴史の中で異なる時期に形成された複数の隕石の分析に取りかかったのです。 最古の隕石は炭素質コンドライトで、どの惑星よりも古く、太陽系創世当時の物質に関する手掛かりが含まれているといいます。

 

チームは、大型の小惑星ベスタに由来するとされる隕石にも注目。ベスタは太陽系の誕生から約1400万年後に地球と同じ地域で形成されたといいます。 共同研究者でWHOIのスネ・ニールセン氏は、「共に原始的な隕石で、太陽系と同じ組成を多く留めており、中に大量の水を含み、以前から地球の水の起源として有力候補だった」と話しています。

 

測定データによると、ベスタ由来の隕石の化学組成は、炭素質コンドライトや地球上で見つかる岩石と同じでした。つまり、炭素質コンドライトが水の共通の起源である可能性が高いというのです。「地球上の水は、これらの岩石と同時に降着した可能性が高い。つまり、形成当時から表面に水を湛えた惑星だったことになる」といいます。

 

研究チームは、現在の地球の70%を覆う水の一部が後から到来したという可能性を否定しているわけではありません。従来の説よりも早い時期から、既に生命の誕生に十分な水が存在していたという点を強調しているのです。 「初期の内太陽系に水が存在していたとすると、地球型惑星(水星、金星、火星)にも可能性があることになります。現在は厳しい環境ですが、初期には水分が多く、生命が進化していたのかもしれない」とニールセン氏は説明しています。

« 滑膜幹細胞で半月板損傷の再生に挑戦! | トップページ | FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球の水の起源、誕生当時から存在?:

« 滑膜幹細胞で半月板損傷の再生に挑戦! | トップページ | FRBと日銀がほぼ同時に追加緩和をし、記録的な円安株高となった訳! »