最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東芝、究極の安全通信である量子暗号を実用化! | トップページ | 老後の資金づくりのヒント! »

2014年9月 1日 (月)

抜けた歯は捨てないで、幹細胞、再生治療に生かす!特に親知らず、乳歯。

子供の乳歯や親知らず、矯正治療での抜歯などで、日本では年間1千万本の歯が抜かれているそうです。抜けた歯の行方など、これまでまったく気に留めていませんでしたが、実はこれが、すごいお宝になりそうなのです。歯の神経である歯髄から取り出す幹細胞が、脳梗塞や脊髄損傷などの治療に役立つ可能性が高まっているのです。骨髄や臍帯(さいたい)血に比べ、個人が手軽にできる再生治療への道があるのです。

 

歯医者に行くと「歯髄細胞バンク」と言うのがあるそうです。歯髄細胞バンクは再生医療推進機構が手掛けています。首都圏を中心に約80の歯科医院と提携。乳歯や親知らず、普通の歯でも30歳以下の場合は捨てずに冷蔵保存し、バンクに送ってもらい歯髄を取り出し保管しておくところです。

 

歯髄細胞の活用法として最も期待されるのが、脊髄損傷の治療です。交通事故やスポーツ事故などによる損傷例は多いのですが、今のところ有効な治療法がありません。そのため培養した歯髄細胞を点滴や注射で直接注入し、組織を再生する治療の研究が進んでいるのです。「早ければ3~5年後に実用化できる」と言います。

 

歯髄が期待されるのは、採取しやすいうえ、細胞の増殖能力が高いためです。歯にガンがないことでもわかるように、歯髄細胞の遺伝子は損傷しにくく、安全で高品質の幹細胞を確保できるのです。歯髄から取り出した幹細胞は培養され、凍結保存されるのですが、組織適合試験で問題がなければ治療に使えるようになるのです。

 

幹細胞を活用した再生治療には骨髄バンク、臍帯血バンクがある。血液のガンなどの治療に有効ですが、骨髄は採取時の体への負担が大きく、臍帯血は出産時しか採取できません。歯髄は負担が小さいうえ、何度も採取のチャンスがあるところが違います。

 

そのため将来、保険の意味で歯髄細胞バンクを活用するケースも出てくる可能性があります。歯髄も骨髄と同様、組織の型が一致しないと再生治療には使えません。兄弟間で一致する確率は25%程度ですが、本人のものであれば適合性の問題はまったくありません。そこで子供のうちに、乳歯から採取した歯髄細胞を培養、冷凍保存しておけば、将来、脳梗塞や脊髄損傷になったとき、すばやく治療できるようになるのです。

 

費用は登録料や細胞培養料、10年間の細胞保存料で合計30万円かかります。ちょっと高いと思うかもしれませんが、月換算した支払額は2500円、11年目以降は保存料だけで負担は月1000円ですので、掛け捨ての医療保険に入ったつもりで登録するのもありではないでしょうか。

« 東芝、究極の安全通信である量子暗号を実用化! | トップページ | 老後の資金づくりのヒント! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 東芝、究極の安全通信である量子暗号を実用化! | トップページ | 老後の資金づくりのヒント! »