最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« がん治療の救世主。「ハダカデバネズミ」発症ゼロ、長寿! | トップページ | 円安に対し、にわかに楽観論が台頭! »

2014年9月22日 (月)

NASAの火星探査機と宇宙でも3Dプリンター!

米航空宇宙局(NASA)は、無人火星探査機「MAVEN(メイブン)」が米国時間の21日夜、火星の軌道に入ったと発表しました。火星には着陸せずに上空から大気を観測し、火星の気候が変動して現在のような姿になった理由の解明を目指します。

 

NASAの専門家によると、現在の火星は気温が低く、液体の水が安定した状態で存在することはできない。しかし太古の火星には地表に水が流れていた痕跡が見つかっています。

メイブンでは大気の成分やガス放出量の測定などを通じ、火星から水や二酸化炭素が消滅した原因を探ることになります。

 

数日後には、インド初の火星探査機も火星上空に到達する見通し。NASAによると、米国とインドは相互協力に関心を示しているといいます。さらに、昨年発見された「サイディングスプリング彗星(すいせい)」も約4週間後に火星から約13万キロの距離を通過する見通しで、メイブンは彗星の状態や、彗星が火星の大気に与える影響についても観測を予定しています。

 

 

宇宙でも3Dプリンター、国際宇宙ステーションに初導入!

 

国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資を積んだスペースX社の無人宇宙船「ドラゴン」が現地時間の21日未明、米ケネディ宇宙センターから打ち上げられました。ドラゴンは23日にISSに到達予定。スペースXによると、打ち上げはすべて予定通り、順調に行われました。

 

今回の補給船にはマウス20匹や実験用の機材などのほか、3Dプリンターが積み込まれました。宇宙で3Dプリンターが使われるのは初めて。実験がうまくいけば、補給船の到着を待たなくても必要に応じて部品を3Dプリンターで生成できるようになり、時間と経費の節約につながることが期待されています。

 

また、地球の海上の風を測定する装置「ISS―ラピッドスキャット」も導入されています。「宇宙ステーションはとても忙しくなりそうだ」と米航空宇宙局(NASA)幹部は話す。ドラゴン宇宙船がISSに物資を届けるのは、2012年5月の試験飛行も含めて今回が4回目。25日には有人宇宙船「ソユーズ」でISSの新しい乗員3人も到着します。NASAの宇宙飛行士1人とロシア連邦宇宙局の宇宙飛行士2人を乗せた同船はカザフスタンから打ち上げられ、6時間後にISSに到着する見通しです。

« がん治療の救世主。「ハダカデバネズミ」発症ゼロ、長寿! | トップページ | 円安に対し、にわかに楽観論が台頭! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASAの火星探査機と宇宙でも3Dプリンター!:

« がん治療の救世主。「ハダカデバネズミ」発症ゼロ、長寿! | トップページ | 円安に対し、にわかに楽観論が台頭! »