最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロケットの国際競争から日本は出遅れている! | トップページ | チベット人の高地適応は遺伝子変異が8000年前に起きた可能性が高い! »

2014年8月26日 (火)

米で無人機の商業利用広がり、アマゾンは商品配送。映画撮影や農業にも。ただプライバシーが課題に!

米国で撮影機能付きの小型無人飛行機を商業利用する取り組みが広がり始めました。米連邦航空局(FAA)は米映画大手への許可を年内にも出す見通しです。アマゾン・ドット・コムは商品配送での利用を想定しており、農業や広告、通信などの分野でも実用化される見通しです。開発技術で最先端の米国での活用が進めば、普及に弾みがつきそうだといいます。

 

初期の商用化は墜落時の危険が小さい農業での利用が先行しそうです。米航空宇宙局(NASA)関係者が経営するオレゴン州のハニーコーム、コロラド州のロボフライトなどのベンチャーは、農家向けに特化した無人機の販売とデータ分析を手がけています。米国の大規模農家は病気の発見や作付け状況の監視、農薬や肥料の散布に活用し始めており、作業を効率化しています。

 

FAAは6月、アラスカ州にある油田パイプラインを維持管理するために無人機の商業利用を初めて認めました。将来は飛行船のように広告媒体として活用したり、へき地で通信基地局として利用したりすることも想定されます。

 

物流分野での実用化に向けた動きも活発になってきました。アマゾンは7月に私有地での配送実験をFAAに申請しました。同社は無人機で倉庫から利用者の自宅まで荷物を運ぶサービスを検討しており、地上に操縦・監視者を付けるなど安全性に配慮した計画をまとめています。

 

米国では無人機の軍事利用が進んでおり、開発技術で最先端の水準にあります。世界最強の国内ソフト産業を生かし、データ分析などのサービスで他国を突き放そうとしているのです。米政府はNASAの意見もふまえ、無人機に適した規制案を年内にも発表する方針です。新規制が事故の不安を軽減しつつ、使用に道を開く内容になれば、商業利用の拡大に弾みがつくと思われます。

 

規制案の議論では個人のプライバシーへの配慮も焦点になっていて、米グーグルが街の画像情報を集めた「ストリートビュー」を公開した時と同じように、市街地での運航はプライバシー侵害の恐れを引き起こす可能性があり、米国では市民団体がすでに懸念を表明しています。

 

ただ、商業利用については前提となる規制の整備でフランスが先行していて、ドイツでもドイツポストが物流への活用の実証実験を進めています。このままでは欧州に主導権を握られる可能性もあるため、国内での産業育成を急がなければならない事情もあります。日本での実用化は飛行に支障がある電柱が多いこともあって遅れがちで、セコムは警備目的での実証実験を近く私有地で始める計画だそうです。

« ロケットの国際競争から日本は出遅れている! | トップページ | チベット人の高地適応は遺伝子変異が8000年前に起きた可能性が高い! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロケットの国際競争から日本は出遅れている! | トップページ | チベット人の高地適応は遺伝子変異が8000年前に起きた可能性が高い! »