最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 現状のままでは東京オリンピックが過ぎると空き家の増加が一気に加速! | トップページ | 成績は保護者の年収や学歴も影響! »

2014年3月28日 (金)

電気自動車の電池の耐熱性を高め、3割長く走ることができる!

ダイキン工業やニッポン高度紙工業はそれぞれ、電気自動車に使うリチウムイオン電池の耐熱性を高める技術を開発しました。電池を冷やす装置が不要になって電力消費が減ると同時に車体を軽く出来るため、1回の充電で走れる距離を3~4割伸ばせるようになります。電池の発火事故なども防げ、安全性を高める効果もあります。

 

リチウムイオン電池は発電時の化学変化で熱が生じますが、現行の電池はセ氏45度以下でないと性能が低下したり、発火したりする恐れがあり、電気自動車に冷却装置を積んでいます。夏場など気温が高い時期は冷却装置をフルに動かすため1回の充電で走れる距離が3割ほど短くなります。

 

冷却装置がないと電池は60度近くになることから自動車メーカーは60度以上を耐熱性の当面の目標に設定しています。これを達成するには、主要部品の電解液、電極、セパレーター(絶縁材)のそれぞれで耐熱性を高める必要があるのです。

 

ダイキンは関西大学と共同で耐熱性の高い電解液と電極を開発しました。発火しやすい電解液については成分を燃えにくいフッ素に置き換え、60度でも問題なく動作することを確かめました。電極は金属材料を固める接着剤を耐熱性の高い種類に変えるなどの工夫で、高温になっても接着剤が溶け出さないように改良したそうです。

 

まず電解液について試作品を自動車会社や電池メーカーに出荷したそうです。今後、電極の試作品も合わせて評価してもらう予定だそうで、2020年ごろの実用化を目指しています。

 

ニッポン高度紙は産業技術総合研究所と組み、電極とセパレーターの耐熱性を高めたそうです。植物の繊維を極細に加工して作ったセパレーターは、現行の樹脂フィルム製と違って高温でも縮まず性能が落ちにくいと言います。電極に使う接着剤を耐熱性の高い種類に変え、いずれも5年後の実用化を目標に、試験出荷を始めたそうです。

« 現状のままでは東京オリンピックが過ぎると空き家の増加が一気に加速! | トップページ | 成績は保護者の年収や学歴も影響! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気自動車の電池の耐熱性を高め、3割長く走ることができる!:

« 現状のままでは東京オリンピックが過ぎると空き家の増加が一気に加速! | トップページ | 成績は保護者の年収や学歴も影響! »