最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スマホの通信料、日本はなぜ高い?利用が少ないと不利。長く使うほど損! | トップページ | 韓国占拠直前の竹島に隠岐から渡る海図を発見!尖閣諸島も竹島の二の舞にならないと言えるのか! »

2014年2月18日 (火)

雪雲進路に高気圧の壁が邪魔し、大雪、大気に異変。大雪のメカニズムとは!

まるでどこかの雪国になったかのような大雪が、関東地方を立て続けに襲いました。首都圏は過去にも2月ごろから春先にかけて大雪に見舞われましたが、わずか1週間の中でこれだけ記録的な大雪が繰り返し降ったのは異例です日本付近の大気の流れに、何か異変が起きているのでしょうか。

 

東京都心で45年ぶりとなる積雪27センチを観測したのは、8日深夜と15日未明。気象庁によると、この期間、ちょうど本州の南岸付近が、北からの寒気と南からの暖気の境目になっていました。こうした境目は「前線帯」と呼ばれ、低気圧が発生・発達しやすいのです。いわば、低気圧の「通り道」だったのです。

 

元々2月から春先にかけては、西高東低の冬型の気圧配置が緩みがちで、本州南岸沿いを進む「南岸低気圧」がたびたび通って関東に雪や雨を降らせることが多いそうです。ただ今は「シベリアの高気圧が日本海に張り出しており、カムチャッカ半島の東にはブロッキング高気圧(偏西風の流れから取り残され、長く居座る高気圧)がある影響で、南の暖気も強い状態」です。寒気と暖気の温度差が大きく、低気圧が発達しやすいと言います。

 

南岸低気圧は発達しながら本州の南海上を東へ進みますが、その先にブロッキング高気圧があると、進路を邪魔されて動きがゆっくりになります。そのため、低気圧に伴う雪雲が長時間、首都圏にかかり続け、大雪を降らせる一因となったのです。

 

それにしても、45年ぶりの現象が2週連続で起きるとは予想できたでしょうか。気象庁の降雪量の予想は、8日はおおむね当たったのですが、1415日には予想の23倍も降ったのです。この誤算について、気象庁予報課は「気温が予想より12度ほど低かったため」と説明しています。1415日の大雪では、低気圧のコースが8日より陸に近づいたこともあるのですが、普通は、低気圧に南から入る暖気の影響で陸上の気温も上がり、雪より雨になりやすいのです。実際、15日未明も雪から雨に変わっているのです。

 

ただ、それ以上に、コースが陸によった分、低気圧と前線に伴う強い雪雲に影響される時間が長引いたのです。気温が高ければ早く雨に変わるのですが、予想より気温が下がったため、雨に変わる前の雪が勢いを増し、各地で積雪が急激に伸びたのです。日大の山川教授によると、北極の寒気団は現在、2つに分断されるような格好で北米大陸の北東部と東アジアに南下。それが北米の寒波や日本での大雪につながっていると言います。

 

地球温暖化とともに、極端な気象現象が増えていると言われますが、今回の立て続けの記録的大雪も、その一例なのでしょうか。山川教授は「確かに極端な現象ではあるが、温暖化による極端現象だとは言い切れない。温かい黒潮の蛇行によって、南岸低気圧への水蒸気の供給が増えている可能性もあるし、太陽活動の影響も考える必要がある」と、温暖化の影響については慎重な見方です。気象庁によると、「関東では20日にも、南岸低気圧の影響で雪が降る可能性がある。今のところ、降水量は少ない見込みで、先週や先々週のような大雪になる恐れは小さいが、予想自体も日々変わるため、油断はできない」と言っています。

« スマホの通信料、日本はなぜ高い?利用が少ないと不利。長く使うほど損! | トップページ | 韓国占拠直前の竹島に隠岐から渡る海図を発見!尖閣諸島も竹島の二の舞にならないと言えるのか! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スマホの通信料、日本はなぜ高い?利用が少ないと不利。長く使うほど損! | トップページ | 韓国占拠直前の竹島に隠岐から渡る海図を発見!尖閣諸島も竹島の二の舞にならないと言えるのか! »