最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野菜や大豆中心の健康型食事は自殺リスクが半減! | トップページ | 氷河期、間氷河期を繰り返す仕組みに、北米大陸の浮沈が影響か! »

2013年12月10日 (火)

36億年前火星に湖が。NASA無人探査機で確認!

36億年前の火星に微生物などの生命を育むことができる湖があったことを無人探査機「キュリオシティ」で確かめたと、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが米科学誌サイエンス電子版に9日発表しました。

 

昨年8月に火星のクレーターに着陸したキュリオシティの観測結果を分析。着陸地点から約450メートル離れた「イエローナイフベイ」と呼ばれる深さ5メートルほどのくぼ地に、水をたたえた湖が少なくとも数万年にわたって存在したと結論付けたと発表がありました。微生物の痕跡そのものは見つかっていないそうですがが、NASAはさらに生命活動の直接の証拠を探す方針です。新たな探査機を火星に送り込み、有望なサンプルを地球に持ち帰ることも構想していて、火星にはかつて海や川があったと考えられています。

 

キュリオシティは着陸地点から緩やかに傾斜しているくぼ地に向けて走りながら岩石や地形を分析。水が流れたような痕跡を複数見つけたほか、湖に川が流れ込む場所に特有の細かい泥がたまってできる堆積岩をくぼ地内で確認したと言います。堆積岩は少なくとも4平方キロの範囲に広がっていたそうです。

 

年代はクレーターができた後の36億年前ごろと推定。現在と違って温暖だった時期にクレーターの外から水が流れ込んでくぼ地にたまり、16億年前までの間にも湖ができた可能性があると言います。湖の水は中性に近く塩分濃度も低かったようです。地球の洞窟や熱水噴出孔近くで見られる細菌が生息するのに必要な鉱物や、炭素、酸素、水素、硫黄、窒素、リンといった主要元素を含む環境だったとチームはみているそうです。

 

火星は地球型惑星に分類される、いわゆる硬い岩石の地表を持った惑星です。火星が赤く見えるのは、その表面に地球のような水の海が無く、地表に酸化鉄(赤さび)が大量に含まれているためです。直径は地球の半分ほどで、質量は地球の約 1/10 に過ぎないため、火星の地表での重力の強さは地球の40%ほどしかありません。火星の表面積は、地球の表面積の約 1/4ですが、これは地球の陸地の面積(約1.5km2)とほぼ等しいのです。

 

火星の自転周期は地球のそれと非常に近く、火星の1日(1火星太陽日、1 sol)は、24時間3935.244秒です。また地球と同じように太陽に対して自転軸を傾けたまま公転しているので、火星には季節が存在するのです。こうしてみると地球とよく似おり、かつては海も存在したと言われているし、今回の調査で湖があったという事ですから、生命を育む環境を備えていると言えます。今後の調査委に期待したいですね。

« 野菜や大豆中心の健康型食事は自殺リスクが半減! | トップページ | 氷河期、間氷河期を繰り返す仕組みに、北米大陸の浮沈が影響か! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 36億年前火星に湖が。NASA無人探査機で確認!:

« 野菜や大豆中心の健康型食事は自殺リスクが半減! | トップページ | 氷河期、間氷河期を繰り返す仕組みに、北米大陸の浮沈が影響か! »