最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« PM2.5 、中国だけが原因じゃない。日本にも発生源あり、関東地方は「中国発を上回っていた! | トップページ | アイソン彗星の一部残った? 太陽から離れる画像をNASAが公開! »

2013年11月29日 (金)

アイソン彗星、消滅 「太陽最接近時に蒸発」とNASAが発表!

「世紀の彗星(すいせい)」になるのではと注目を集めたアイソン彗星が29日未明、太陽に最接近する際に、ばらばらに崩壊して蒸発したとみられると、米航空宇宙局(NASA)が発表しました。12月上旬には長い尾が肉眼で見えるかもしれないと期待されていたのですが、もはや地上から姿は見ることはできないという事で、日本各地で落胆の声が広がりました。

 

太陽の高温や強い重力にさらされたのが原因と考えられています。太陽系の遠方からやってきたアイソン彗星は29日午前4時ごろ、太陽の直径より短い約110万キロまで太陽の表面に近づき、かすめるように通過すると見られていました。彗星の本体は主成分が氷で、表面に砂などが付着していた「汚れた雪ダルマ」とも言われ、太陽にあぶられて激しく噴出したガスや塵が光って尾に見えるのですが、比較的大きい彗星のため、本体が分裂した場合でも完全になくなる可能性は低いと考えられていました。

 

NASAは、アイソン彗星が太陽に最接近する瞬間やその前後を人工衛星で観測する計画でした。しかし、予想される軌道に姿を見せなかったため最接近する前の段階で崩壊したと判断しました。NASAや国立天文台はガスやちりを詳細に分析し、太陽系が生まれた初期の状態を保っていると考えられている彗星の成分解明を計画していました。

 

このように、アイソン彗星は順調に通過すれば12月上旬に見ごろを迎えるはずで、その時には肉眼でも見えるほど長い尾が伸びるのではと期待が高まっていたのですが、残念な結果となってしまいました。NASAによると、これほど太陽に接近した彗星の行方は、1、強い重力や熱で崩壊し蒸発する。2、本体が何個にも分裂する。3、生き残ってガスや塵を吹き出し非常に明るくなる。の3通りが予想されていました。しかし残念ながら1の蒸発と言う結果になってしまいました。

 

国立天文台では「アイソン彗星は太陽をかすめる彗星のなかでは大きいので、あぶられて完全になくなるとは考えにくい」と、最接近の後に「長い尾を伸ばす可能性が高い」としていましたが、その期待は完全に裏切られてしまいました。仮にそうなったとしてもアイソン彗星の軌道は放物線で、太陽に近づくことは二度となかったのですが、その期待を裏切られ「蒸発は想定外」と各天文台でも落胆の声に包まれてしまいました。

« PM2.5 、中国だけが原因じゃない。日本にも発生源あり、関東地方は「中国発を上回っていた! | トップページ | アイソン彗星の一部残った? 太陽から離れる画像をNASAが公開! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« PM2.5 、中国だけが原因じゃない。日本にも発生源あり、関東地方は「中国発を上回っていた! | トップページ | アイソン彗星の一部残った? 太陽から離れる画像をNASAが公開! »