最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大型恐竜ティラノサウルスの新種に、流血王(ライスロナクス)が発見される! | トップページ | 前頭葉の神経細胞が抗うつ薬で若返る! »

2013年11月16日 (土)

犬の起源は欧州、農耕社会以前に家畜化されていた可能性が高まった。しかしまだ異論も!

イヌ科動物の化石から採取したDNAと現代のイヌ科動物のDNAを比較したところ、イヌ(イエイヌ)の起源が欧州にかつて生息していたオオカミである可能性が高いとの国際研究が14日、発表されました。

 人間の最も古く親しい友であるイヌの祖先は、狩猟採集民が捨てたゴミから骨をあさっていたとされるが、次第に大胆な行動をとるようになり、より多くのエサを食べられることを学んだ末、人間になついたと考えられています。この家畜化のプロセスについて研究チームは、約19000年~32000年前に始まったとみていると言います。

 フィンランドのトゥルク大学や米カリフォルニア大学ロサンゼルス校などの研究チームは、先史時代のイヌ8匹、オオカミ10匹の化石から抽出したミトコンドリアDNAを分析し、世界各地に現在生息するオオカミやイヌから採取した77個のミトコンドリアDNAサンプルと比較しました。化石はロシア、ウクライナ、中欧、米国、アルゼンチンから採取され、古いものは3万年以上前のものだと言います。一方の現代のイヌ科動物のDNAサンプルは、イスラエル、中国、スウェーデン、メキシコなど世界各地で採取されました。

 この結果、現存の犬はスイスやドイツで発掘された化石と遺伝子配列がよく似ていることが判明。現在のオオカミやコヨーテとは類似点が少ないことからすでに絶滅したハイイロオオカミの仲間が犬の祖先だと結論付けました。研究を行った米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロバート・ウェイン氏は「最古のイエイヌは欧州を起源としている。これは避けがたい結論だ」と述べています。

 一方で、オオカミの家畜化がどこで最初に行われたかは、結論が出たと言うにはほど遠いと考える研究者たちもいます。2002年にサイエンス誌で発表された別の研究結果では、イヌの起源は中国南部だとされていました。この研究を行ったスウェーデン王立工科大学のペータ・サボライネン准教授は、今回の研究では重要な地域である中東と中国からのサンプルが欠けていると指摘。「中国南部には、ここでしかみられない独自のイヌの系統が数種類存在する」として、やはりイヌの起源は中国にあるとの見方を示しました。

 イヌの中国起源説に対し、今回の研究の主執筆者、トゥルク大のオラフ・テールマン氏は、先行研究よりも完全なDNAシークエンシング(配列決定)やより古い時期のサンプルを使用した結果、イヌの起源が欧州であるとの結論に至ったと反論。また、イヌは欧州の探検家らと共にアメリカ大陸へと渡った可能性が高いことも分かったと述べています。

 

« 大型恐竜ティラノサウルスの新種に、流血王(ライスロナクス)が発見される! | トップページ | 前頭葉の神経細胞が抗うつ薬で若返る! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大型恐竜ティラノサウルスの新種に、流血王(ライスロナクス)が発見される! | トップページ | 前頭葉の神経細胞が抗うつ薬で若返る! »