最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ボイジャー1号が史上初めて太陽系を出た人工物体となった! | トップページ | 米ツイッターが株式上場を申請 フェイスブックに続くIT企業の旗手!広告に強み! »

2013年9月14日 (土)

12年ぶりの新型ロケット「 イプシロン」、打ち上げ成功!

12年ぶりに開発された新型の国産ロケット、イプシロンは、14日午後、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、予定の高度で搭載した衛星を切り離して打ち上げは成功しました。イプシロンは14日午後1時45分に打ち上げられる予定でしたが、直前に警戒区域に船舶が入る可能性が出たため予定時刻を15分遅らせ、午後2時に打ち上げられました。

 

発射台を離れたイプシロンは、まばゆいオレンジ色の光を放ちながら轟音を挙げて上昇を続け、ロケットの1段目から3段目までを順調に切り離しました。そして打ち上げから1時間余りあとの午後3時1分、高度1151キロ付近で、惑星観測用の望遠鏡を搭載した衛星「スプリントA」を分離、打ち上げは成功しました。人工衛星は太陽電池のパネルが正常に開いていることが確認され、イプシロンの発射場の近くの地名にちなんで「ひさき」と名付けられました。

 

イプシロンはJAXAが、12年ぶりに開発した新型の国産ロケットでしたが、トラブルが相次ぎ、先月27日には直前になって、機体の異常を示すデータが誤って検知されたため、打ち上げが14日に延期になっていました。イプシロンは、固体燃料で飛ぶロケットの最新機で、開発費は約205億円。今回の1号機は、性能確認などで打ち上げ費用が約53億円に上りましたが、低コスト化を徹底し、15年度に打ち上げる予定の2号機以降は先代の「Mミュー5」ロケットの半分にあたる約38億円に抑える予定です。JAXAは今回の成功で衛星の打ち上げビジネス参入への切り札としたい考えです。

.

安倍総理大臣は「今回の打ち上げ成功は、H2AやH2Bと並ぶ基幹ロケットとして、わが国の宇宙技術の信頼性の高さを証明するものと考えている。イプシロンに搭載された惑星分光観測衛星は世界初の惑星専用の遠隔観測衛星であり、惑星の磁気圏や大気流出の解明など、小惑星探査機「はやぶさ」のように、世界最高水準の成果が創出されることを期待している。これまでの関係者による不断の努力に敬意を表するとともに、今回の打ち上げ成功が、わが国の宇宙輸送システムの自律性の確保や宇宙開発利用のより一層の進展、さらには将来の経済成長の一助につながることを期待している」とするコメントを発表しました。

« ボイジャー1号が史上初めて太陽系を出た人工物体となった! | トップページ | 米ツイッターが株式上場を申請 フェイスブックに続くIT企業の旗手!広告に強み! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12年ぶりの新型ロケット「 イプシロン」、打ち上げ成功!:

« ボイジャー1号が史上初めて太陽系を出た人工物体となった! | トップページ | 米ツイッターが株式上場を申請 フェイスブックに続くIT企業の旗手!広告に強み! »