最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中国の大気汚染も酷いがシンガポールの大気汚染も最悪レベル! | トップページ | グローバル化とともに国と企業との間でタックスウォーズが激しさを増している! »

2013年6月29日 (土)

我が家も野菜工場、LEDを使う栽培キットが人気です。

最近、室内用の栽培キットを使い、レタスやミニトマトを作り家庭で楽しむ人が増えているそうです。発光ダイオード(LED)照明を利用する水耕栽培で、種まきから収穫まで室内でできるため、大気中の不純物や害虫の影響を受けにくいこともあり、人気になっているようです。こうした背景には家庭菜園人気という事もありますが、食の安全志向を背景に、子育て世代やシニア世代の人気を集めているようです。

 

その栽培風景はと言うと、「このレタス大きくなったら食べようね」。東京都の会社員のAさんは自宅のリビングの栽培キットを3歳の娘と眺めるのが日課だと言います。マンション住まいですが、自ら育てた野菜を娘に食べさせたいと、週末の水やりで管理できるキットを昨年買ったそうです。こぶりのレタスなら種まきから3週間で収穫できると言います。「育つ様子が見られて楽しいから野菜嫌いの娘も食べてくれる」と嬉しそうに話していると言います。

 

私のブログでも以前野菜工場の話を書きましたが、今では個人が家庭用キットを使って野菜を栽培するほどになってきているのです。まさかここまでもう来ているのかとびっくりするほどです。野菜工場は生育環境を制御して年間を通じて屋内生産できるところが魅了です。こうした事ができるようになったことの一つに、光合成に適したLED照明の普及があり、水と液体肥料で育つタイプが広がってきたからだと言えます。そのため事業向けに続き、家庭用向けの売り上げが伸びてきているそうです。

 

家庭用の栽培キットとはどんなものかと言うと、水槽型のケースにスポンジを敷くものが一般的で、照明と液体肥料、種子などがついてくるそうです。縦横30センチ程度と台所やリビングに置けるものが多く、手軽に葉物野菜やトマト、イチゴなど栽培できるそうです。どこで手に入れるかと言うと、ホームセンターやインターネットで売られていて、小さなレタスを約10株栽培できるタイプで1万5000円~3万円が主流だそうです。

 

電子商取引事業を手掛けるエスキュービズムは昨年、家庭向けキットを発売しましたが「盆栽感覚で楽しむ50,60歳代が多い」と言います。2013年の販売は前年比4倍の2000台を見込んでいるそうです。機械商社の山善も昨年12月にキット販売に参入したそうです。パナソニックは三井不動産や千葉大などと、マンション家庭を対象に植物工場を実験中。14年春にも水温や水量をネット経由で管理するシステムを発売するそうです。

 

矢野経済研究所によると11年の国内ガーデニング市場は前年比1%増の2189億円あったそうです。家庭向け野菜工場の人気は「市場拡大に繋がりそう」だと期待がかかっています。あなたも自宅で野菜工場とは言わなくとも家庭菜園程度の栽培キットで野菜を育てる楽しみと、収穫時の楽しみを自宅で味わうのも結構いいかもしれませんよ。

« 中国の大気汚染も酷いがシンガポールの大気汚染も最悪レベル! | トップページ | グローバル化とともに国と企業との間でタックスウォーズが激しさを増している! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家も野菜工場、LEDを使う栽培キットが人気です。:

« 中国の大気汚染も酷いがシンガポールの大気汚染も最悪レベル! | トップページ | グローバル化とともに国と企業との間でタックスウォーズが激しさを増している! »