最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アンジェリーナ・ジョリーが受けた乳房切除とは! | トップページ | 中国で2つの新種の恐竜を発見!1つは「体が肉食で顎は草食」!もう一つは「鳥類の祖先よりさらに原始的な新種」の恐竜を発見! »

2013年5月29日 (水)

東海地震も予知困難、前兆滑りの把握に限界が!

内閣府は、南海トラフ巨大地震対策の最終報告を発表し、その中で、東海地震など南海トラフで起こる大地震を現在の手法で予知することは困難との見解を発表しました。つまり東海地震など、南海トラフで起きる地震予知の難しさが改めて示されたという事で、地震予知の決めてとして期待された「前兆滑り」が予想以上に複雑な現象だという事が分かったのです。

 

そもそもは1970年代半ばに東海地震説が出ると、国や静岡県は衝撃をうけ対応を検討したのが始まりであり、78年には大規模地震対策特別措置法が施行され、東海地震の予知体制がスタートしたのです。その当時は、ちょうど巨大地震の仕組みを説明するプレート理論が進んだ時期で、歪み計や地震計を置けば地殻変動や微小地震などの予兆が検知できるはずだとされた時期でした。

 

その手段として注目されたのが「前兆滑り」だったのです。しかし、それが今回の千年に一度と言われるほどの東日本大震災さえも現在の手法では予知は困難とされ、明確な前兆滑りは確認されなかったのです。それまでは「唯一可能性のあるのは東海地震」と言われていたのですが、それさえも難しいと認めたのです。つまり地震予知は現在の技術では難しいので、自己対応してください問う事なのです。

 

前兆滑りは、巨大地震の発生の予知に役立つと期待されながら、これまでの大地震前に観測された例はなかったのです。研究者からは延長滑りを利用した予知の限界が指摘されていたにもかかわらず、東日本大震災が起きるまで地震予知に対応するために巨額の予算を使っていたのですが、それはいったい何だったのかと言うことになります。研究費を無駄に浪費していたと言われても仕方ないのではないでしょう。こう言ってしまっては言い過ぎかもしれませんが、一度も予知ができていなかったのですから、こうした結論はもっと早く出してもおかしくなかったのではないでしょうか。

 

国は1965年に地震予知計画を開始し、予算として2004~08年迄に計3000億円以上使っているのです。ところが衛星利用測位システムやスーパーコンピューターの登場で地震の研究が進むほど、前兆滑りが複雑な現象だと分かってきたのです。と言うのは、震源の状態によって滑ったり、あるいは何度も滑ったりすることが分かってきたのです。ある地球物理の若手研究者は「予知と言わないとお金が出ないし、予算を貰うと実現させる責任を負う」と予知の看板の大きさに悩むと言っています。

 

しかし世間の受け止め方は違っていて、一昨年の静岡県民調査では「予知できない・難しい」が7割を占めたのですが、それでも3割の人は50%以上の人が予知できると期待しているそうです。地震に関心を持つ人ほど期待度が高かったと言います。それだけ研究者、行政、住民の間で認識のずれがあるのが実情なのです。結局、国は、東海地震の特別扱いをやめると発表したのです。東海の長期予測だけが「30年以内の発生確率が88%」と特別に高かったのですが、東南海や南海地震と同等に扱い、3つまとめて60~70%としたのですが、それは同時発生の可能性が高まったためとしています。

 

前兆滑りに詳しい鷺谷名大教授は「予知が難しい状況をどう考えるか。このままでは地震が起きた時禍根を残さないか。一般の人も含め共通認識を作る場が必要」と指摘しています。できないものはできない、できるものはできるときちんと議論するべき時期が来ています。しかし予知と言わなければ金が出ず仕事がなくなるし、貰えば貰ったで予知ができないと言われという事なのでしょうが、なぜか腑に落ちません。他に方法はなかったのでしょうか。

« アンジェリーナ・ジョリーが受けた乳房切除とは! | トップページ | 中国で2つの新種の恐竜を発見!1つは「体が肉食で顎は草食」!もう一つは「鳥類の祖先よりさらに原始的な新種」の恐竜を発見! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海地震も予知困難、前兆滑りの把握に限界が!:

« アンジェリーナ・ジョリーが受けた乳房切除とは! | トップページ | 中国で2つの新種の恐竜を発見!1つは「体が肉食で顎は草食」!もう一つは「鳥類の祖先よりさらに原始的な新種」の恐竜を発見! »