最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 国の借金約1000兆円!アベノミクスで2%のインフレ目標を掲げるが大丈夫か! | トップページ | アルプス氷河、4割減少!2012年7月にはグリーンランドでも氷床が解けていた! »

2013年5月12日 (日)

3Dプリンター、プラスチック短銃で米に波紋広がる!

アメリカで、印刷するように立体物を作り出す3次元プリンターを使って、プラスチック製の拳銃を製造する方法がインターネット上で公開され、「凶悪犯やテロリストでも簡単に銃を作ることが可能になる」として、波紋が広がっています。

 

アメリカ南部のテキサス州にある団体は、このほど、紙に印刷するようにして立体的な部品を作り出す3次元プリンターを使って、プラスチック製の拳銃を製造する方法を開発しました。同団体は、この方法をインターネット上に公開し、これによって、3次元プリンターとパソコンさえあれば、誰もがプラスチック製の拳銃を製造できると説明しています。

 

これについて、銃の規制強化を目指すアメリカ議会上院の議員は、「凶悪犯やテロリストでも自宅の倉庫で簡単に銃を作ることができるようになってしまう」と会見で強い危機感を示し、「3次元プリンターを使った武器の製造を禁止する新たな規制が必要だ」と訴えました。これを受け、国務省から「最終判断が出るまで、設計データをウェッブサイト上から削除するように」と要請され、同団体は波紋の広がりを受けデータの公開を中止しています。

 

米メディアによると、データを公開したのはテキサス大法学部に通うコーディ・ウィルソンさん(25)が設立した団体「ディフェンス・ディストリビューテッド」です。3Dプリンターを使用して部品を作り出し組み立てた銃(リベレーター)の設計データを6日から公開したところ、2日間で世界中から約54万件のアクセスが殺到したのです。データのダウンロード回数は約10万件に上ったそうです。動画サイト「ユーチューブに」公開した画像は280万回以上視聴されたそうです。

 

アメリカでは、去年12月、東部コネティカット州の小学校で児童など26人が殺害された乱射事件を受けて、銃の規制強化のための法案が議会上院で審議されてきましたが、先月、否決されたばかりです。それだけに、3次元プリンターという新しい技術を銃の製造に使おうという動きに波紋が広がっています。自家製や金属探知機で発見できないプラスチィク銃について、規制強化の必要性を唱え始めています。

 

米国と言う国は自由な発想を持っている人が多いという事は良いことだと思いますが、アメリカ社会で銃の取り扱いに対して慎重論が出ている時に、こうした危険な銃の製造方法が簡単にネットに公開されると言うところに米国の危うさを感じます。自制心と言うものも場合には必要なはずで、何でも自由に公開が許されると言う風潮が米国にはあるのかもしれません。

« 国の借金約1000兆円!アベノミクスで2%のインフレ目標を掲げるが大丈夫か! | トップページ | アルプス氷河、4割減少!2012年7月にはグリーンランドでも氷床が解けていた! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンター、プラスチック短銃で米に波紋広がる!:

« 国の借金約1000兆円!アベノミクスで2%のインフレ目標を掲げるが大丈夫か! | トップページ | アルプス氷河、4割減少!2012年7月にはグリーンランドでも氷床が解けていた! »