最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キプロス課徴金で混乱!日本も他人事とは言えないところも! | トップページ | 資源の乏しい日本にとって日本の排他的経済水域は宝の山!問題はコスト! »

2013年3月20日 (水)

巨大な星の集団「スターバースト」の発生の仕組みの解明とロシア隕石について!

宇宙の狭い空間で数万個の星が爆発的につくられる「スターバースト」と呼ばれる現象は、水素分子からなるガス雲同士が衝突すると起きることを、名古屋大大学院の福井康雄教授(電波天文学)らの研究チームが世界で初めて解明しました。福井教授によると、銀河系には大小数万個の星が集中した「星団」があり、そのうち300万年前以降に誕生した比較的新しい星団4つを、名大がチリに設置した電波望遠鏡「NANTEN2」で観測しました。

 

4星団は地球から平均約2万光年離れた南の空にあるのですが、水素ガスは目に見えないため、電波望遠鏡で水素ガスから発せられる電波をとらえ、形や動く速度を捉え、形や動く速度、温度などを割り出したそうです。すると、いずれのスターバースト付近でも水素ガス雲同士が動きながら毎秒20キロの速さで衝突していたのだそうです。

 

水素ガス雲の分布図を目で確認できるスターバーストの写真と重ね合わせると、巨大な星が集中するのは雲が直接ぶつかった部分だけだったそうです。水素ガスが運同士がぶつかると星が誕生することは、理論的に予想されていましたが、今回の解明により、実際にどんな大きさで、どんな状態の星が生み出されるのかが分かったのです。

 

最大の星団には、4光年四方の狭い範囲に太陽の20倍以上大きい星が30個以上存在し、小さい星も1万個以上ありました。観測の結果、全ての星団の周辺で二つのガス雲が衝突した形跡が確認され、星団は温度が高くなった雲同士が交わるところの中心に集中してできていることが分かったのです。福井教授らは雲同士の接触面で水素ガスが圧していたことが分かったのですが、衝突は数億年に1回とだと言います。今回の観測で「宇宙の進化の過程である星形成の仕組みが分かり、貴重な成果だ」と話しています。

 

もう一つは2月にロシアのチェリャビンスク上空で爆発した隕石について、45億年前に形成された物質でできているとの分析結果を明らかにしました。隕石となってから2億8900万年が経っていると言います。「45億年前」は太陽系ができた時期に近く、隕石が生じたのは、母体の天体に何らかの衝撃が加わったためだと説明。そして2億8900万年前に宇宙を飛び始めた隕石は、今から数万年前に「おそらくは別の天体と衝突した」とも指摘しています。その際に、この隕石は壊れかけたと言い、チェリャビンスク上空での爆発は、ゆるく結合していた隕石が壊れた時に起きたとしています。

 

なかなか興味深い分析ですね。

« キプロス課徴金で混乱!日本も他人事とは言えないところも! | トップページ | 資源の乏しい日本にとって日本の排他的経済水域は宝の山!問題はコスト! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« キプロス課徴金で混乱!日本も他人事とは言えないところも! | トップページ | 資源の乏しい日本にとって日本の排他的経済水域は宝の山!問題はコスト! »