最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中国で大気汚染が深刻となり、その汚染物質が日本にも流れてきている! | トップページ | アベ家の家計は借金が総額で7495万円と火の車なのに大丈夫? »

2013年2月 6日 (水)

蛍のさなぎの頭が光り続ける仕組みを解明! もう1つは緑内障の進行予測に成功!

ホタルのさなぎの頭部が光り続ける仕組みを、名古屋大大学院生命農学研究科の大場裕一助教らのグループが初めて解明しました。さなぎの尻部分は、刺激を受けると10分ほど光り続けることが知られていますが、これに対し頭部は、尻の光が透けて光っているように見えると考えられていました。

 

グループは体長8ミリほどのヘイケボタルのさなぎを利用。尻の光が黄色っぽいのに対し、頭の光は緑色っぽいことに着目し、さなぎの体内で光を放っている酵素を分析した結果、頭と尻で酵素の種類が異なることを発見したのです。尻の酵素は刺激を受けて光る作用があり、頭部から見つかった酵素には刺激に関係なく連続的に光を放つ作用があったことが分かりました。大場助教は「さなぎは頭の光で捕食者に警告し、危険が迫るとお尻の光で相手をびっくりさせるのではないか」と推測しています。

 

そういう事だったのですね。蛍と言えば夜川の付近で光を放ちながら飛んでいる姿は何とも神秘的な光景ですね。川などの汚染で蛍が少なくなくなりましたが、夏の風物詩としていつまでも人々を楽しませてほしいですね。

 

もう一つの話題は医療の話です。緑内障を発症したサルの視神経を磁気共鳴画像装置(MRI)で観察し、進行を高精度で予測する新手法を、岐阜薬科大(岐阜市)と理化学研究所分子イメージング科学研究センター(神戸市)の研究チームが開発したそうです。人体に応用できれば早期診断と新たな治療法開発が可能になるというものです。

 

緑内障は日本の失明原因の1位。眼圧が適正以上に強くなることが原因で、自覚症状としては少しずつ視野が欠けてくる。しかし症状には個体差があり、眼圧だけでは症状悪化の速さが予測できなかったのです。しかし研究チームは、カニクイザル5匹を使って実験。神経線維を画像化できる特殊なMRIを使い、緑内障のサルの脳内を撮影したところ、視神経線維の欠損と眼圧の高さに相関関係があることが判明したのです。実験のように、予測通りの速さで5匹の症状が悪化したことで、人体に応用できれば、視野が欠ける前に病気の発見が可能になると言います。治療の効果計測が容易になり、新薬や治療法の開発が期待できるとのことです。

 

一日でも早く新薬や治療法の開発が進むといいですね。そして緑内障患者さんが減ることを期待します。

« 中国で大気汚染が深刻となり、その汚染物質が日本にも流れてきている! | トップページ | アベ家の家計は借金が総額で7495万円と火の車なのに大丈夫? »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 中国で大気汚染が深刻となり、その汚染物質が日本にも流れてきている! | トップページ | アベ家の家計は借金が総額で7495万円と火の車なのに大丈夫? »