最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 円はどこまで行くか? | トップページ | 日本より狭いオランダの生産効率を見習い賢い農業革命が必要だ!狭いは言い訳にならない。 »

2013年1月28日 (月)

水素大量にためる合金を開発。燃料電池車の普及の後押しに!

神戸製鋼所は筑波大学と大量の水素を効率的にためられる合金を開発しました。温度設定を変えるだけで水素を大量に吸収したり、放出したりする働きを持ちます。水素はクリーンなエネルギー源として注目されていますが、爆発の危険性があるため安全な貯蔵方法が課題だったのです。しかし今回のように合金を貯蔵タンクとして使えば、通常の金属材料に比べて3~4倍の水素をためられるし、新合金のタンクは通常の気圧で使えるためコストも抑えられます。

主に次世代エコカーとして期待される燃料電池車(FCV)の水素燃料の貯蔵用に2015年の商品化を目指しています。開発したのは鉄とチタンジルコニウム、マンガン、クロムを混ぜた合金です。配合比率を工夫することなどで水素の吸収性能を高めています。合金をセ氏約20度以下にすると水素を吸収し、80度以上に加熱すると放出する仕組みで、水素タンクの内部に使えば貯蔵量を増やせる。水素は酸素と反応させることで電気を発生します。

電気発生時に排出するのは水だけであるためクリーンエネルギーとして期待されています。ただ現状だと、気体のため大きな貯蔵施設が必要で、今は高圧で体積を圧縮しタンクに蓄える方法が一般的ですが、専用装置が必要でコストが高くついてしまいます。しかし新合金のタンクは通常の気圧で使えるためコストを抑えられるのです。

最近普及が進んでいる家庭用の燃料電池に続いて、これからは工場や事業所などで使う大型の燃料電池や、燃料電池車の普及も見込まれ、燃料として使う水素の貯蔵タンクの開発が進めば普及を後押ししそうだと伝えています。

ちなみに燃料電池とは、補充可能な何らかの負極活物質(通常は水素)と正極活物質となる空気中の酸素等を常温または高温環境で供給し反応させることにより継続的に電力を取り出すことができる発電装置のことです。装置内の固定量の活物質を使用することで電気容量に限界のある一次電池や二次電池と比べ、正極剤、負極剤共に補充し続けることで電気容量の制限なく放電を永続的に行うことが可能な点で大きく異なります。それだけに期待も大きいのです。

それに熱機関を用いる通常の発電システムと異なり、化学エネルギーから電気エネルギーへの変換途上で熱エネルギーや運動エネルギーという形態を経ないため発電効率が高いのです。また、システム規模の大小にあまり影響されず、騒音や振動も少ないため、ノートパソコン、携帯電話などの携帯機器から、自動車、鉄道、民生用・産業用コジェネレーション発電所、軍事兵器まで多様な用途・規模をカバーするエネルギー源として期待されています。

« 円はどこまで行くか? | トップページ | 日本より狭いオランダの生産効率を見習い賢い農業革命が必要だ!狭いは言い訳にならない。 »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水素大量にためる合金を開発。燃料電池車の普及の後押しに!:

« 円はどこまで行くか? | トップページ | 日本より狭いオランダの生産効率を見習い賢い農業革命が必要だ!狭いは言い訳にならない。 »