最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 有田焼に新風を吹き込んだ素人社長。万華鏡で蘇る! | トップページ | ハリケーン「サンディ」米東部直撃!過去最大のハリケーン! »

2012年10月29日 (月)

月の盆地は天体衝突の跡と言う!ユカタン半島の隕石とは桁違いの大きさ!

月の表側に面積の大半を締める直径約3000キロの「盆地」ができたのは、月の形成初期に起きた巨大な天体の衝突が原因であることを衛星「かぐや」のデータ解析で裏付けられと産業技術総合研究所は発表しました。研究グループ長によれば、「約38億年以上前に、直径300キロを超す小惑星が衝突した可能性がある」と話しています。地球側を向いている月の表面には「プロセラルム盆地」があり、大部分に黒く見える「海」と呼ばれる領域が広がっています。「海」は月の内部の溶岩が流れ出してたまったと考えられています。


中村さんらは、2007年12月から09年6月にかけて「かぐや」が観測した約7000万地点の光のデータを解析し、光から鉱物を特定する方法で、天体衝突後に溶岩が再び固まる際にできたと考えられる鉱物の分布を調べると、プロセラルム盆地の縁沿いに集中していたのです。中村さんらは、天体衝突でプロセラルム盆地に当たる部分の地表がはぎとられて、溶岩が噴出しやすくなり、表面に海が多く形成されたようだ」と話しています。米国の「アポロ計画」で調査し、約38億年前の天体衝突で出来たとみられる「雨の海」はこの盆地に含まれており、盆地の形成時期はそれ以前と考えられると言います。


雨の海(あめのうみ)は、月の嵐の大洋に次いで広大な月の海の一つであり、月の表側にあります。雨の海には同心円の外壁が
3枚あり、巨大な隕石の衝突によって形成されたのです。最も外側の外壁の直径は1,300キロメートルあり、いくつかの範囲に分かれているそうですが、南部や南西部、東部には山脈があり、北部および西部はあまり隆起していないそうです。最も内側の外壁の直径は600キロメートルあり、なだらかな玄武岩の丘陵によって形作られています。最も外側の外壁の高さは、中心部の底からおよそ7キロメートルであり、表面を覆う地層の深さはおおよそ5キロメートルであるため、雨の海の深さの合計はおおよそ12キロメートルもあるそうです。という事で、雨の海は37億年前から39億年前に形成した海であり、東の海に次いで若い海と言われていましたが、今回の調査からすると37,8億年前にできたとも考えられます。


それでは地球での小惑星や隕石の衝突例で有名なもと言うと、チクシュルーブ・クレーターと言うのがあります。メキシコのユカタン半島にある約
6550万年前の小惑星による衝突跡です。これらはいずれもきれいな円弧を描いていて、この円の中心が衝突地点とされていて直径は約160Kmです。地球上のクレーター(隕石衝突跡)では三番目の規模であり「フレデフォート・クレーター」、「サドベリー・クレーター」に次ぐ大きさです。これらを称して3大隕石衝突と言われ、54200万年以降に形成されたことが確認されるものとしては最大級のものです。


この中かでもメキシコのユカタン半島付近に直径約
10kmの巨大隕石が落下したことが知られていますが、これが恐竜の絶滅の引き金になったとされています。直径約200km・深さ15 - 25kmのクレーターと言われており、落下地点は浅海域だったと推定され、隕石落下により高さ300mに達する巨大な津波が北アメリカ大陸の沿岸に押し寄せたと推定されています。小惑星の大きさは直径10-15km、衝突速度は約20km/s、衝突時のエネルギーは広島型原子爆弾の約10億倍、衝突地点付近で発生した地震の規模はマグニチュード11以上、生じた津波は高さ約300メートルと推定されています。衝突エネルギーは、TNT換算3×108 - 109メガトンと計算されていて、この量は冷戦時代にアメリカとソ連が持っていた核弾頭すべての爆発エネルギー104メガトンの1万倍以上に相当するそうです。


アメリカの天文学者カール・セーガンは、「隕石衝突の爆発によって舞い上がった塵が地表の暗黒化と寒冷化を起こすのであれば、核戦争による核爆発でも同様のことが起こるのではないか」と言う点に着目したのが、いわゆる核の冬理論である。この理論は世界的な反響を呼び、国際学術連合環境科学委員会の主導で
1985年から2年間、30カ国300人の科学者を動員して検討が行われた。その検討結果では、冷戦下でアメリカやソ連が保有していた核弾頭全部(TNT換算104メガトン相当)が爆発した場合、爆発で舞い上がった塵や大規模火災で生成された煤の影響で地上に到達する太陽光の著しい減少と厳しい寒冷化が起こるとされたのです。


ところで、恐竜の絶滅の原因は、数十万年の間隔でメキシコとインド付近に落下した
2個の巨大な隕石のダブルパンチだった可能性があると言う説が、ナショナルジオグラフィックに載ったことがあります。それによると、「シバの隕石」と呼ばれているもので、これは恐竜に実際にとどめを刺したのは直径40キロに及ぶ別の隕石だったと主張する説です。この新らしい説によると、隕石はチクシュルーブの隕石の約30万年後にインド西岸沖に衝突したというもので、この隕石の衝突によってインド洋の海底に直径500キロの窪みができたと言うもので、研究チームはこの窪みを、ヒンズー教の破壊と再生の神の名にちなんでシバ・クレーターと名付けた。「私たちの考えが正しければ、これは地球上で確認された最大のクレーターだ」とチャタジー氏は語っています。


シバ隕石の衝突の衝撃はあまりに強力だったため、衝突した場所の地殻が蒸発し、それによってさらに高温のマントルが噴き上がり、このクレーターの高く盛り上がったのこぎり状の縁が形成されたとチャタジー氏は推定しています。さらに、衝突の衝撃によってインド亜大陸の一部が欠けてアフリカの方向に移動を始め、現在のセーシェル諸島が形成されたと研究チームは考えています。
 また、現在のインド西部で当時既に発生していた火山の噴火活動もシバの隕石の衝撃によって促進された可能性があるとチャタジー氏は話していて、これまでにも、現在デカントラップと呼ばれるインドの火山地帯から放出された有毒ガスが、恐竜絶滅の決定的要因となったと推測する説があったということです。


しかしこの説よりもユカタン半島に落ちた小惑星の衝撃で地球が寒冷化し恐竜は滅亡したと言う説のほうが一般的にはよく知られており「シバの隕石」の話はあまり聞きません。いずれにしても小惑星と衝突すると大変なことになるという事は理解できると思います。今回の月での衝突の跡は直径300キロと言う3代隕石のものとは比べ物にならないほど大きなもので、よくもこんな大きな小惑星が衝突して月がバラバラにならなかったものだとびっくりします。もしそうなっていたら月はなくなっていたかもしれず、夜道を照らしてくれる月がなかったら夜は真っ暗で恐ろし世界になっていたかもしれませんね。

« 有田焼に新風を吹き込んだ素人社長。万華鏡で蘇る! | トップページ | ハリケーン「サンディ」米東部直撃!過去最大のハリケーン! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 有田焼に新風を吹き込んだ素人社長。万華鏡で蘇る! | トップページ | ハリケーン「サンディ」米東部直撃!過去最大のハリケーン! »