最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ノーベル賞、今日から発表!日本人の受賞者は出るのか? | トップページ | ブラックホールが「共存」 球状星団で、定説覆す! »

2012年10月 9日 (火)

iPS細胞における研究の流れと「i」が小文字の意味、それと中谷教授の座右の銘!

今回の山中教授が受賞したノーベル賞の分野は生理学・医学賞と言う分野での功績です。これは「(動物)生理学及び医学の分野で最も重要な発見を行なった」人に与えられる賞です。生理学は生体の機能とそのメカニズムを解明する学問で、「生体」とは、人体を含めて全ての生物体を意味し、「機能」とは個体レベルにおける生体機能のみならず、 その個々の構成体(分子、細胞、組織、器官)の機能や、複数の個体が社会生活を営む 上での、生態学的、心理学的現象を含めた機能をも含むそうです。生理学が扱う対象は 生きた材料であり、生きている条件下でリアルタイムに観察することが特徴だそうです。

 

つまり一言で言えば、生理学は生体が働く仕組み(ハードウエア)とその 論理・法則(ソフトウエア)及び意義を明らかにする学問のことだそうです。ノーベル賞の領域名が “医学・生理学”と呼ばれるように、生理学は本来、医学を含め全ての生命科学の基礎を与える重要な学問なのです。という事で今回の受賞は、1987年に免疫の多様性を解明した利根川進氏が受賞して以来、実に25年ぶりの受賞であるだけに、日本や学術界にとっても極めて明るいニュースなのです。しかもiPS細胞の作製を初めて発表したのは2006年で、研究の評価から授与されることが多い自然科学系のノーベル賞では、異例の6年と言う歳月でスピード受賞したのです。このひとつ見てもこの発見がいかに凄いことだという事が分かります。

 

生物の体は1個の受精卵が分裂して、様々な働きを持つ細胞に分化していき、心臓の細胞になったり、皮膚の細胞になったりするのですが、一度なったら元には戻れないと言われていました。ところがガートン博士は1950~60年代に、受精卵から分化して成熟した細胞が様々な細胞になることができる赤ちゃん細胞に逆戻りする初期化の研究を進め、すべての細胞は核に同じ遺伝情報を持つということで、62年にカエルの卵子から核を除去し、オタマジャクシの体細胞から抜き出した核を移植したところ、カエルに成長することを実験で確認したのです。

 

細胞の初期化の研究に50年もの歳月がかかったのですが、今回の山中教授がその壁を破って、スピード受賞となったのです。成長した細胞を分化前の初期状態に戻す研究は1961年の幹細胞の発見から始まっていました。しかしガートン博士が初期化のアイデアを提供したものの、細胞を分化させる卵子の中にある因子が何なのか疑問が残っていたのです。81年にはマウスの肺(受精卵)から体のすべての細胞になる能力を持つES細胞が取り出され、97年には羊のクーロン・ドーリーを誕生させ、哺乳類でもクーロンができたことで世界を驚かせました。倫理面での議論が起こる中、翌年には人の胚からES細胞が取り出されたのです。そして山中教授が2006年に、マウスの皮膚細胞に4つの因子を入れてiPS細胞を作り出すと、人への応用に向け世界中で研究合戦が巻き起こったのです。07年にはヒトでもiPS細胞が作られ、医学や薬学への応用が期待され研究が過熱したのです。もし外国企業が特許を押さえると日本の患者が特許使用料を払うことになるため、作製法や医療応用などでも激しい競争が続いていて、山中教授は日本と米国で特許が成立しています。

 

細胞初期化の研究では、1961年の幹細胞の発見から2006年にマウスの皮膚細胞に4つの因子を入れてiPS細胞を作り出したのですが、そこに行きつくまで45年ほどの年月がかかっていたのは、細胞を分化させる因子が100個以上もあることから、それを特定することが極めて困難とされていたからです。だからそれに挑戦する人がなかなか出てこなかったのです。ところが、中山教授がそれをまず24個まで絞り込み、最終的に4個の因子を確定させたところが凄いのです。その確定方法と言うのは、先行研究のデータを根気よく組み合わせることで因子を絞り込んで行ったのです。こうして書くと簡単に聞こえてしまいますが、ほぼ半世紀も因子を特定することができなかったことを、山中教授が6年でやり遂げたのです。

 

ちなみに、iPS細胞の「i」が小文字なのはiPodのように親しみやすくと山中教授が思いを込めてつけたのだそうです。そう聞くと粋な計らいで名前を付けていたのだと感心してしまいました。座右の銘は2つで、1つは目的をはっきり持ち、一生懸命働くこと。もう一つは「人間万事塞翁が馬」(じんかんばんじさいおうがうま)だそうで、意味は人間(じんかん)とは「世間のこと」で、人間万事とは人間のあらゆること(人間の禍福)を意味し、塞翁とは「城塞に住んでいる老人のこと」です。つまり、「人生における幸不幸は予測しがたいということ。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」と言う例えです。

 

あなたも自分の座右の銘を持っていますか?

« ノーベル賞、今日から発表!日本人の受賞者は出るのか? | トップページ | ブラックホールが「共存」 球状星団で、定説覆す! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

IPS細胞 ノーベル賞 で プログ検索中です。IPS 簡単に言うと 卵子を 人が 作り上げたということかなぁ?
クローン人間移植手術~精子は まだ できないのかなぁ?人は 神の存在に 近づいたのだろうか?
品種改良の家畜 不老不死~。脳細胞と人生~。神経細胞~。意志~。自由~。魂~。霊魂~。天国~。
どの精子を 使うのかなぁ。髪の毛からつくるのかなぁ?(精子採集 この世には 愛は あるのだろうか?しつけと養育~養育費~
あなたの子供が しらないところで 育っている~隠し子。
DNAにおける 微細分化(ミクロン~。人造人間 登場かなぁ。
キャシャーン 懐かしいナァ。綾波レイかなぁ。医学研究会(名前検討中
クローンを 何人作るだろうか?国税だろうか
それとも 企業だろうか~大丈夫だろうか~
西暦2500年 クローン人間の逆襲 覚醒 暴走~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ノーベル賞、今日から発表!日本人の受賞者は出るのか? | トップページ | ブラックホールが「共存」 球状星団で、定説覆す! »