最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 人が未発達で誕生するのは母親の栄養不足を回避するためと言う新説が ! | トップページ | 水平型風力発電機を開発、来月から発売!ただ個人用では値段がネック! »

2012年9月 6日 (木)

富士山のマグマだまりが不十分で2回の地震でも噴火しなかった!

昨年3月11日の東日本大震災と4日後に起きた静岡県東部で起きたマグネチュード6.4の地震によって、富士山のマグマだまりに噴火を引き起こしかねないほどの大きな圧力がかかっていたことが防災科学研究所などの研究でわかったそうです。こうした見方は静岡東部で地震が起きてからすでに言われていたことですが、具体的にマグマがどのような動きになっていたか分かったのは初めてのことです。

 

しかし現在のところは噴火の兆候は観測されていないそうですが、圧力の高まりだけが噴火の要因ではないので今後も注意が必要だと言っています。富士山の直近の噴火は1707年の宝永噴火ですが、その時の噴火の原因は直前の宝永地震であり、今回の静岡東部地震では、そのときの力よりも富士山に加わった力が大きいと言っています。そのため「地震から数年たってから噴火する可能性もあり警戒が必要」だと言っています。

 

チームは昨年3月の2つの地震で生じた地殻変動をもとに、富士山の直下でマグマが滞留している「マグマだまり」にかかった力を推定したところ、マグマだまりの中心が地下約15キロにあると仮定した場合、2回の地震により最大で計約1.6メガパスカル(約15.8気圧)の力がかかったとの結果が出たそうです。力の方向はマグマを上下に押しつぶす方向と、東西に引っ張る方向にかかったそうです。つまりマグマの丸い塊が上下の圧力で横長の形にわずかに変形したそうです。静岡県東部の地震はマグマだまりの近くで起きたと推定されることから、東日本大震災より影響が大きかったと推測しています。

 

この力がどの程度の力かと言うと、過去には0.1~数メガパスカル程度の力でも噴火した例があると言います。それを考えると1,6メガパスカルと言う力は決して小さくないと言います。ただ圧力だけでは一概には比較できません。と言うのもマグマがその時どのような状態にあったかという事が重要で、マグマがたっぷりたまった状態であれば小さな力でも噴火するでしょうし、マグマに含まれるガスがたくさんあればやはりちょっとの刺激でも爆発する可能性は高くなるからです。

 

しかし今回、富士山が噴火しなかったという事はマグマがあまり溜まっていなかったことやマグマに含まれるガスが十分でなかったことが考えられるとしています。という事は今回、富士山が噴火しなかったことはまだエネルギー不足だったわけで、数年たってから噴火する可能性があるという事はその間にマグマやガスがたまって噴火する可能性があるという事になります。つまり今回の静岡地震は不幸中の幸いだったわけで、東日本大震災と富士山が両方ともほぼ同時に起きたとしたら、たぶん日本は大混乱におちいっていたに違いありません。

 

何と言っても富士山が噴火していれば日本の中枢である東京を火山灰が直撃していると考えられ、東北大地震だけでも官邸が相当混乱したのですから、そこへ富士山の噴火が起こればどんなことになるか容易に想像できることです。おそらく日本は再起不能に陥っていたのではないでしょうか?それが同時になかったことは日本にまだ運があると考え、一日も早く東北地方の復興し、富士山の噴火に備える時間を与えてくれたのだと考えたいですね。

« 人が未発達で誕生するのは母親の栄養不足を回避するためと言う新説が ! | トップページ | 水平型風力発電機を開発、来月から発売!ただ個人用では値段がネック! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 人が未発達で誕生するのは母親の栄養不足を回避するためと言う新説が ! | トップページ | 水平型風力発電機を開発、来月から発売!ただ個人用では値段がネック! »