最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ソニー32年振りに株価が1000円を割る!日本企業の凋落を象徴! | トップページ | ソーラー飛行機、大陸間飛行に初成功! »

2012年6月 5日 (火)

金星、あす太陽を横断!今世紀最後のチャンス!

このところ天体ショーが続いています。5月には黄金のリングに日本中が沸いたばかりですし、今月4日の夜には部分日食が見られました。そして今度は明日6日に朝から昼にかけて、金星が太陽を横断するというように天体ショーが続き、天文ファンならずとも一大イベントが目白押しで盛り上がっていると思います。ただちょっと残念なことは、今回も台風の関係で曇りのところも多いようですので、金星が太陽を横断するところが見られるかどうかちょっと不安もありますが、雲の晴れ間から、今世紀最後の現象を一瞬でも観察していただければと思います。

国立天文台によると、今回の金星の太陽横断は日本では130年ぶりで、世界的にも122年ぶりだそうです。そして今回の金星の太陽面通過は21世紀では最後ということで「おそらく人生最後のチャンス」だと言っています。と言うのも、次回、この現象が見られるのは何と105年後だからだそうです。ということは、金環日食よりもこちらのほうがチャンスは今回1回限りということです。ただし今回、観察には金環日食のときよりも注意が必要だそうです。それは「太陽が欠けない分、日食より光量が多く、観察できる時間も長いので、必ず専用グラスを使うように」と安全な観察を呼びかけています。

金星の太陽面通過は、太陽と地球の間に金星が来るのですが、ちょうど一直線に並ぶのは珍しいそうです。前回は8年前の2004年6月8日だったそうですが、次回は105年後の2117年の12が11日になるそうです。6日は午前7時10分ごろ金星が太陽の左上に入り始め、約6時間半かけて横切り、午後1時47分に右上から出るそうです。日食グラスでは金星は黒い点のように見え、各地の天文台や科学館では見やすい投影装置を使った観察会を開くところもあるそうです。

かつて金星の太陽面通過は,宇宙の距離を正確に計測できる現象とされ,そのとても貴重な機会だったので、先進各国はこぞって観測隊を派遣していました。キャプテン・クックが第一回目の航海に出た大きな理由は、1769年6月3日に予報されていた金星の太陽面通過を、タヒチで観測するためだったのです。1874年には、日本にもアメリカ、フランス、メキシコの観測隊がやってきました。アメリカ隊は長崎、フランス隊は長崎と神戸、メキシコ隊は横浜でそれぞれ観測を行いましたが、そのときの石碑がまだあるそうです。

金星が太陽面を横切るのは、金星と地球の公転や軌道の傾きなどの関係から121年、8年、105年、8年という周期になっているそうです。21世紀最後である金星が太陽面を横切る姿を一瞬でも見えることを期待します。

国立天文台の資料より
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120606-venus-tr/img/vt2012_s.jpg

« ソニー32年振りに株価が1000円を割る!日本企業の凋落を象徴! | トップページ | ソーラー飛行機、大陸間飛行に初成功! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金星、あす太陽を横断!今世紀最後のチャンス!:

« ソニー32年振りに株価が1000円を割る!日本企業の凋落を象徴! | トップページ | ソーラー飛行機、大陸間飛行に初成功! »