最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フェイスブック30台を初めて割りこむ!その弱みとは! | トップページ | 太陽の活動が低下し続けると地球の寒冷化の恐れも! »

2012年5月31日 (木)

オーロラの女神には棘あり、地球に災いをもたらす可能性がある!

オーロラとはローマ神話の夜明けの女神アウロラからきている英語名です。北極や南極地方の上空110キロメートル前後に現れる大気の発光現象で、形はコロナ状・幕状など、色は白・赤・緑などで、刻々に変化します。太陽面の爆発で放出された帯電微粒子が、電離層中の空気の原子・分子に衝突して発光する極光と言います。

宇宙からオーロラを見ると地上で見るよりスケールが大変大きいそうです。宇宙から見るとオーロラはどんな形をしているかと言うと、大きな輪の形をしているのだそうです。地上から見ると、写真を見た方もご存知のように輪になっているようには見えませんが、宇宙から見ると何重ものリングになっていることが多いのだそうです。しかし時には輪が多少崩れたものもあるそうです。なぜリングになっているのかと言うと、その原因は太陽にあるそうです。それは太陽風という原子の粒子が吹いているからです。もしこの太陽風が大量に来ると空気の層を取ってしまうほどですが、地球には磁場があるので太陽風が直接降り注いでくるのを守ってくれているのです。つまり太陽風が来ても何重もの磁場があるので、地球の昼間の方(太陽側に向いている地球面)から夜の方(地球の後半分の夜側)に通り抜けて行くのです。

だから磁場を突破してくるものがあっても何重にも磁場があるので入ってこれないのです。しかし後に流された原子の粒子も、後にできた隙間から太陽の粒子が入ってくるのです。入ってきた太陽粒子は大気とぶつかったときに発光するのですが、高さによって赤から緑へ、そしてピンクへと色が変わっていくのです。それは空気の量が高いほど薄く低いほど濃度が高くなるので、上空500キロ~200キロのときは赤に、200~100キロになると緑に、100~80キロになるとピンクと色が変わっていくのです。つまり磁場が形を決め大気が色を決めるのです。

この太陽風には周期があって11年周期となっているのですが、オーロラが突如として強い光を放ち大きく波打つことがあるのです。この現象をオーロラ爆発とも言います。空から突然光が噴出し全天に広がり、色や形の変化が数分間続くのです。普通はほとんど動かないそうですが、急に激しく動き出すのです。しかしこのオーラら爆発がどうして発生するのか、あまり良くわかっていないそうです。20年前の1986年に列車の大惨事があったのですが、そのとき東に走っていた列車と西に向っていた貨物列車があって、単線だったこともあり衝突したのです。27人が死亡し71人が重症という大惨事だったのですが、その原因は運転手の居眠りとされたのですが、これは居眠りではなく事故の前にオーロラ爆発があって、信号が誤作動を引き起こしたと考えている学者もいます。

オーロラには電流が流れていて、特に大爆発のときには大きな電流が流れるのだそうです。この大電流が誘導電流を発生させそれが信号機に誤作動を引き起こさせたと考えているのです。このときは証拠がないとされたのですが、その後、多くのこうした現象が見られているそうです。日本の人工衛星も2013年には活動のピークが来ると言われていて、どんな被害が出るか心配されているのです。1859年9月2日には史上最大のオーロラが見え、キューバでオーロラが1時間以上も見えたり、パナマ運河でも見えたり、ハワイのホノルルでも、和歌山の新宮市でもオーロラが見えたそうです。このときは記録に残る最大のオーロラが発生しているのです。

これが現代に発生したら、大停電が起こるとアメリカでは考えられているそうです。オーロラと送電線が平行に走っているところでは誘導電流が流れ、160兆円もの被害が発生すると言われています。人類は気がつかないうちにオーロラに弱い社会になっていたのです。きれいなバラには棘があると言うようにオーロラが文明を破壊しかねないというのです。女神であるオーロラが牙をむくと、とんでもないことになるのです。来年はそうした周期に当たり11年周期が13年に伸びたと言うのです。しかもピークの後にオーロラが出ない時代が来ると言うのです。そのとき何が起こるのか?13周期に変わる事で太陽は活動期に入り、その後は太陽の活動が弱まり宇宙線が地球に災いをもたらすと言います。

17世紀のイタリアでは長い間、寒く、雹がよく降ったり、雪が降ったそうです。降った雪は8月まで解けなかったそうです。これはマウンダー極小期と言い、小氷期の中頃の1645年から1715年の70年間、太陽活動は極端に低下し、太陽黒点が全く観察されず、小氷期の中でも最も寒さの厳しかった時期と一致しているのです。しかし太陽熱が下がったと思われていたのですが、そうではなかったのです。銀河宇宙線が増え強力な宇宙線が地球を寒くしたと言うのです。それは大気とぶつかり大量の雲ができたことで気温が下がったと言うのです。磁場がバリヤーで銀河宇宙線を跳ね返していますが、太陽の活動が弱まったマウンダー極小期には、大量の銀河宇宙線が入ってきて、地球の気候を変えたと言うのです。

太陽の活動期が来て大停電が心配され、それが終わると今度は宇宙線が地球を攻撃しくるということがわかってきたのです。こ見ている分にはオーロラは美しいのですが、オーロラの女神が牙をむくときが来るかもしれないと言う事です。美しいものには棘があると言いますが本当にそのようですね。

« フェイスブック30台を初めて割りこむ!その弱みとは! | トップページ | 太陽の活動が低下し続けると地球の寒冷化の恐れも! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« フェイスブック30台を初めて割りこむ!その弱みとは! | トップページ | 太陽の活動が低下し続けると地球の寒冷化の恐れも! »