最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フェイスブック、長期的な投資妙味はグーグルやアップルに見劣りか? | トップページ | フェイスブック上場は期待はずれに終わった! »

2012年5月18日 (金)

H2A初の商業衛星の打ち上げに成功!!

H2Aロケット21号機は、18日午前1時39分に種子島宇宙センターから打ち上げられ、日本初の商業衛星は打ち上げに成功しました。この成功により国際宇宙ビジネスへの参入に大きな第一歩になると思われます。初めて海外から打ち上げを請け負ったのは韓国の衛星で、韓国の多目的実用衛星「KOMPSTA-3」(アリラン3号)と地球規模の水の循環を調べる水観測衛星「しずく」など4基の衛星が搭載されています。ロケットは正常に飛行し、予定通り衛星を切り離し、打ち上げは成功。今回の成功は日本の技術を世界市場へアピールし、今後の受注につなげる大きな一歩となる重大な任務を背負っての打ち上げであったし、それに成功したということは今後の商業ロケットの打ち上げにとって大きな成果となります。

未明の打ち上げとなったH2Aロケット21号機は、18日午前1時39分、轟音とともに発射台を離れ、夜空にまぶしい白い光の尾を引きながら上昇を続けました。そして、補助ロケットや1段目を次々と切り離し、打ち上げから16分後に、予定した高度670キロ余りで韓国の多目的衛星を切り離しました。種子島宇宙センターでは、韓国の報道関係者およそ20人が打ち上げを見守り、プレスセンターに衛星の切り離しを伝えるアナウンスが流れると、原稿を書く手を休めて拍手する人もいました。さらに打ち上げから23分後には、日本の水観測衛星「しずく」も予定の高度で切り離され、打ち上げは成功しました。今回、種子島では珍しい未明の打ち上げとなりましたが、これは「しずく」が、すでに運用を始めているアメリカなどの4つの人工衛星と並んで連携して観測を行うため、打ち上げ時刻が未明に限られたということです。

これでH2Aは2005年の7号機から15回連続での成功となりました。初めて商業受注した海外衛星の打ち上げが成功したのはこれが初めてで、三菱重工業の大宮英明社長は記者会見で「軌道投入が非常に正確に行われ、信頼性が高まった」と話し、衛星打ち上げビジネスの拡大に意欲を示したそうです。 H2Aの打ち上げは2007年の13号機から民営化され、三菱重工が請け負うようになりました。同社は海外機関と100件以上、交渉してきたそうですが、受注できたのは今回だけで、打ち上げの成功率が上がったけれども実績が乏しいため受注まで至っていませんでした。そこでもともと打ち上げる予定だった「しずく」に「アリラン3号」を追加し、料金を割り引くことで契約にこぎつけたのです。これで今回の成功を弾みにしたい考えですが、まだコストや成功回数で欧米に及ばず、今後の受注についてはまだ決まっていません。H2Aの打ち上げ費用は70億~100億円とされ、KARIとJAXAが三菱重工に払うことになっています。

7月には、より大型のH2Bロケット3号機が打ち上げられます。これに成功すれば、H2Bの打ち上げも民営化され、三菱重工に移ることになる予定であり、同社は「ロケットの選択肢が増え、打ち上げビジネスの売りになる」と期待しています。なお今回の21号機は、300ボルトの高電圧発電を試みる九州工業大(北九州市)の小型衛星「鳳龍弐(ほうりゅうに)号」、船の識別実験などをするJAXAの小型衛星も一緒に打ち上げられました。

これで日本も宇宙ビジネスに本格的に参入できるかと言えば、先ほど書いたようにそれほど甘くないのが現実です。国際的な信頼の目安は成功率95%で、今回の成功で日本のロケットも成功率が95,2%に高まり、欧米の主力ロケットと遜色ないレベルに達しました。しかし、もっと打ち上げ回数を増やさなければ打ち上げコスト下げられないし、価格面での競争に勝てず受注も増えないと言うことになり、そうなれば悪循環で技術的な進歩にもなければ、コストを下げることもできないと言うことになってしまいます。それだけに新参の日本としては厳しい試練がまだ続くようです。しかし他国にない技術もあり、決して引けをとらないものを持っているだけに、いっそうの努力をして国民に明るい希望をもたらしてほしいものです。とは言っても財政的に余裕がないだけにこういうときこそ知恵を絞って切り抜けてほしいですね。

« フェイスブック、長期的な投資妙味はグーグルやアップルに見劣りか? | トップページ | フェイスブック上場は期待はずれに終わった! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H2A初の商業衛星の打ち上げに成功!!:

« フェイスブック、長期的な投資妙味はグーグルやアップルに見劣りか? | トップページ | フェイスブック上場は期待はずれに終わった! »