最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 転ばぬ先のアプリ! | トップページ | 女子フィギアスケート・フランス大会2012・ショート、1位はアリーナ・レオノア選手! »

2012年3月29日 (木)

放射能の汚染を可視化する特殊カメラをJAXAが開発!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、目に見えない放射線物質による汚染状況を可視化できる特殊なカメラを開発したと発表しました。人工衛星に搭載する高性能カメラを改良し、放射線の強弱によって画像上に色分けして表示するものです。2月に福島県飯館村で実証実験をし、今後の効率的な除染に活用できることを確認したそうです。

2014年に打ち上げ予定のエックス線天文衛星に搭載し、宇宙空間で降り注ぐガンマ線を捕らえる「半導体コンプトンカメラ」を地上用に改良したものだそうです。視野角が180度と広く、東京電力が福島第一原子力発電所内で利用している機種を大きく上回る性能だそうです。この仕組みは、特殊カメラでとらえた画像を、通常のデジタルカメラで撮影した画像と重ね合わせることで、放射性物質の分布が一目でわかるという優れものです。そしてガンマ線量が高いと赤色で表示するのです。

2月に日本原子力研究開発機構などと協力して、計画的避難区域になっている福島県飯館村で実証実験をしたところ、20メートル程度離れた場所からでもガンマ線を検出できたそうです。この実験で放射性セシウムなどが溜まりやすい側溝や森の周辺などで、汚染状況が深刻となっていることが確認できたそうです。JAXAはさらに実用化に向けた研究を進める方針で、今後、福島県内で本格化する除染に生かす方針です。こうしたことが進めば効率的に除染ができるようになり、県民の人の安心度もさらに高まると思います。

しかし日本にはこうした優れた技術がありながら今まで生かしきれていないところが、こうした開発を知るにつけあるように感じます。何でもっと早くこうした技術がありながら最悪の事態にならなければ埋もれている技術を世に生み出せないのかが不思議です。こうしたことを見ると日本という国は土壇場に追い込まれないと何事も動き出せない性格のようなところがあるのかもしれませんね。

反対に言えば、土壇場に追い込まれるほど、火事場のくそ力ではありませんが、でるのかもしれません。例えば、明治維新のときも外圧で仕方なく開国したように、それからというものは世界も目を見張るほど先進国に追いついて行きました。また太平洋戦争で負け、ゼロからの出発になったときでも、その後の日本の急成長と言うのは、明治維新のときのように急成長を遂げていくのですが、こうした事例を見ても、日本が復活するには、もっと国家破綻というほどに追い詰められなければ、一致団結して目標に向うという事にはならないかもしれません。

今回の特殊カメラの開発と言う話からは、ちょっと飛躍しすぎた話になってしまいましたが、震災時のロボットにしても、その後は、二足歩行的な夢のあるロボットでなく、実践的なロボットが開発されていることでも、そうした傾向があるように、日本には隠れた優れた技術はまだまだあると思うのです。そうした力で日本が追い込まれないうちに良い方向に持って行ってほしいですね。

« 転ばぬ先のアプリ! | トップページ | 女子フィギアスケート・フランス大会2012・ショート、1位はアリーナ・レオノア選手! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能の汚染を可視化する特殊カメラをJAXAが開発!:

« 転ばぬ先のアプリ! | トップページ | 女子フィギアスケート・フランス大会2012・ショート、1位はアリーナ・レオノア選手! »