最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 花粉に放射性物質がくっついてくるので、低線量被爆の可能性があるかも! | トップページ | 震災、タイの洪水・超円高は日本企業の国内シェアにも変化を!! »

2012年1月21日 (土)

大ヒットする曲には必勝パターンがある!!それは「カノン」!

「キンスマ」という番組で、今までとはちょっと違った内容の放送をしていたので見てみました。それは「誰でもヒット曲が作れる法則」という内容の放送で、「ヒット曲の多くはカノン!!」という話でした。カノンと言うのは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の、1680年頃に作曲したカノン様式の作品のことです。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれている曲で、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品です。しばしば、クラシック音楽の入門曲として取り上げられるそうですが、現代のポピュラー音楽にも多く引用されているのです。卒業式や結婚披露宴のBGMとされることもあるそうです。

過去30年間のヒット曲を研究したというその人によると、大ヒット曲の多くはカノンだと言うのです。つまり歴代のヒットソングは、実はカノンにそっくりだと言うのです。そっくりだと言っても音階がではなくカノンの和音を使って作っているということであって、大ヒットした曲にはそうした曲が数多くあると言うのです。例えば、徳永栄明の「壊れかけのradio」とか、あといろいろありましたが、忘れてしまったので例えは1つだけですが、後に出てくる曲もカノンの法則に従って作られている曲だと思います。と言うのも、あと紹介する曲は第2の法則である歌詞の項目で紹介されているので違う曲もあるかもしれないから、ちょっと自信がないのです。たぶんと言う事で申し訳ありませんが。

ではその禁断のコードとはどんなコードかと言うと、C,G,Am,Em,F,C,F,G,というものです。楽器を弾いている方ならこう言うコードをよく使うし、そう言うことはすでに知っていると言われる方も多いかと思いますが、私は音楽素人ですので、その辺は申し訳ありません。これは「壊れかけのRdio」のコード進行と同じで、他にも多くのヒット曲の中には、このコード進行を使って大ヒットした曲も多くあるそうです。

法則には4つあって1つがカノンとすれば、2つ目は歌詞にあるそうです。ヒット曲の歌詞にはお決まりのフレーズがあるそうです。つまりヒット曲の多くはお決まりのフレーズを使い回していると言うのです。例えばと言いたいのですが、あまりにもフレーズが多すぎてとても書ききれませんので、ほんの一部だけ紹介します。翼とか羽根で大きく飛ぶとか、手を広げるとか、風に吹かれて、僕は走り続ける、一粒の涙、泣かないで、眠れぬ夜は、降り注ぐ雨、もう迷わなくてもいい、一人ぼっちじゃない、自分を信じて、夢を信じて、夢を諦めないで、夢は必ずかなう、さあ歩こう、いつも見守っているよ、空を見上げて、と切りがないくらいですが、これらのフレーズは大変よく使われているそうです。つまり聴く人が必ず感動する魔法のキーワードと言うわけです。多いのは「翼」、「扉」、「奇跡」、「桜」というキーワードです。この魔法のキーワードを使った大ヒット曲も数多くあるそうです。

そんな曲には、「翼の折れたエンジェル」中村あゆみで37万枚、「赤いスイートピー」松田聖子で50万枚、「時の扉」WANDで144万枚、「終わりなき旅」Mr,Childderenで107万枚、「明日への扉」I wishで77万枚、「奇跡」Greeeenで55万枚、「奇跡の地球」桑田佳祐&Mr,Childderenで171万枚、「桜(独唱)」森山直太朗で106万枚、「桜」ケツメイシで96万枚、「桜」コブクロで43万枚、「桜の木になろう」AKB48で108万枚、とこのように大ヒットする曲には必勝パターンがあったと言うのです。

3つ目がパターンで、大ヒットソングには絶対売れる禁断のパターンがあると言います。それは「サビ出し」・カノン→転調→Aメロ・ラップ→A’メロ・ラップサブキャラ→Bメロ→サビ・カノン→ブレイク・大合唱→Cメロ・大サビ(日本人大好きコード)→後演・カノン→Aメロ・続きが気になる終わり方。これが禁断のパターンだそうです。ラップのところは正統派の「Grateful Days」のものと、わんぱく系のラッパのような感じに分けるとあります。そして大合唱のサビのところではメロディもリズムも一時停止するところがあり、日本人の好きなコードとはAm,F,G,Cのコードです。

4番目はオリジナリティです。これがなければどれも同じになってしまいますから当然ですね。ちなみにこの人は過去30年間のヒット曲のデータをもとに、絶対ヒットする曲を作ったそうです。果たしてその歌は大ヒットの法則で100万枚売れるのでしょうか?「10年目のプロポーズ」という曲のようです。でもこの題名ではちょっと思うのですがどうですか?曲は聴きましたが、確かにそれっぽくは聴こえましたが、もし大ヒットすれば凄い事ですね。

参考にカノンの原曲をYouTubeからリンクを張っておきます。
Johann Pachelbel Canon in D Major fantastic version
http://www.youtube.com/watch?v=8Af372EQLck

« 花粉に放射性物質がくっついてくるので、低線量被爆の可能性があるかも! | トップページ | 震災、タイの洪水・超円高は日本企業の国内シェアにも変化を!! »

文化・芸術(音楽など)・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大ヒットする曲には必勝パターンがある!!それは「カノン」!:

« 花粉に放射性物質がくっついてくるので、低線量被爆の可能性があるかも! | トップページ | 震災、タイの洪水・超円高は日本企業の国内シェアにも変化を!! »