最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2、太平洋戦争からすでに70年その教訓は生かされていたのか! | トップページ | 初心者にも使いやすいスマートフォンランキング! »

2011年12月12日 (月)

H2A・20号機の打ち上げ成功で、欧米並みの成功率95%となった!

安全保障に関する情報などを集める政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケットが、12日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、予定の高度で衛星を切り離して、打ち上げは成功しました。H2Aロケットの打ち上げの成功は19回目で、信頼性の目安とされる95%の成功率を達成しました。日本は戦後とってきた平和憲法および平和的宇宙開発政策を取ってきたこともあり、軍用衛星の発展には長期にわたり制約されてきたのですが、1998年8月31日に北朝鮮が打ち上げたミサイルテポドンは日本列島上空を通過し、太平洋に落下したにもかかわらず、日本はこれについて事前に情報を掴めなかったことで、日本が宇宙政策を修正するきっかけとなったのです。それが今回のH2Aの開発へと繋がったのです。

情報収集衛星を載せたH2Aロケットの20号機は、打ち上げの5秒前にロケットの1段目のメインエンジンに点火され、午前10時21分、ごう音とともに発射台を離れました。ロケットは、補助ロケットや1段目を次々と分離して上昇を続け、発射から22分後までに予定の高度に達して衛星を切り離し、打ち上げは成功しました。H2Aロケットはこれまで20回打ち上げられましたが、打ち上げは14回連続の成功で、20回中19回目の成功となったのです。これで信頼性の目安とされる95%の成功率を達成したことになったのです。これでH2Aは世界の主要ロケットの一つとして足場を固めたとも言え、軌道投入された情報収集衛星は7機目(実験機をのぞく)となりました。信頼性は米国のアトラス5(96.4%、文部科学省調べ)や欧州のアリアン5(94.9%、同)など海外の有力ロケットと比べても遜色ない水準になったのです。

今回打ち上げられた後継機3号機・情報収集衛星は、安全保障に関する情報などを集める、事実上の偵察衛星です。これは1998年の北朝鮮のミサイル発射を受けて導入が決まった事実上の偵察衛星で、すでに03年から打ち上げています。事実上の偵察機と言われるのは、偵察衛星事業に「多目的情報収集」の名を冠し、軍事色を薄めたことで米国との了解を得、偵察衛星計画としてスタートしているからです。海外の軍事専門誌の分析によると、日本の偵察衛星は地上を走る車のナンバーのほか、車に積んだ貨物まではっきり確認できると言います。さらには、比較的精密な地形図を製図し、巡航ミサイルの誘導に使えるほか、太陽の光でできた影を利用して、建物の外形や戦車の大きさを確定することも可能だそうです。将来的には「光学5号」の性能は米製に劣らない衛星となる予定で、精度は「面から点」に高まり、通行人の大きさの目標まで識別できるようになると言います。

ただ今回の衛星の性能は、夜間や悪天候でも電波を使って地上の様子を撮影できる「レーダー衛星」で、上空数百キロから、欧州の商業衛星並みの地上にある1メートルの大きさの物を識別できる性能です。現在運用しているのは光学だけで、北朝鮮の軍事施設の監視などを行う情報収集衛星は昼間の晴天時に撮影する光学衛星2基ですが、夜間や曇天でも撮影可能なレーダー衛星2基の各2基セットになったことで本格運用できることになりました。政府はさらに、来年度、次の4号機である情報収集衛星の打ち上げを行って、地上のあらゆる地点を1日1回以上撮影できる態勢を整える計画です。そして現在4基の光学と合わせて本格運用の態勢が整う見通しです。

ただ財政難の日本で、今回の開発・製造から打ち上げまでに約500億円(開発が約400億円、打ち上げ費用が100億円)もの費用がかかっているのですが、これまで情報収集衛星で撮影した画像が一度も公表されないなど、政府の情報公開の在り方に批判があることから、国民の理解をどう得ていくかが課題となっています。これについて、衛星を運用する内閣衛星情報センターの椋木功所長は、「撮影した画像は安全保障上の目的で公開できない。東日本大震災の時には、画像を分析した結果を関係省庁に提供するなどしているので、理解してほしい」と話しています。

ちなみに、01年10月に日本は有事に備え、豪通信会社テルストラがパースに置く国際通信センターに2つの衛星地上基地を設置し、日本の衛星偵察ネットワークが中国、北朝鮮、ロシア極東地域の軍事活動を監視するのに協力する協定を豪政府と結んでいるそうです。

« 2、太平洋戦争からすでに70年その教訓は生かされていたのか! | トップページ | 初心者にも使いやすいスマートフォンランキング! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2、太平洋戦争からすでに70年その教訓は生かされていたのか! | トップページ | 初心者にも使いやすいスマートフォンランキング! »