最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北極海はなぜ温暖化を加速させるのか? | トップページ | 2011年ヒット商品番付 »

2011年12月 6日 (火)

NASAは今まで最も地球の環境に似た惑星を発見したと発表!

NASA=アメリカ航空宇宙局は5日、水が液体で存在している可能性がある地球によく似た惑星を発見したと発表し、太陽系以外での生命の探査につながるものとして注目されています。こうしたニュースを聞くと、こうした仕事をしている人と言うのは探求心に溢れる仕事をしていて楽しいでしょうね。普通の人が生きるためにしている日常の仕事が、まるでこまごまとした雑用であるかのように感じられるほどロマン溢れる仕事に感じられます。と言っても、実際の現場の人に話を聞けば、毎日、望遠鏡とにらめっこで宇宙を眺めている地道な仕事で、そんな楽な仕事ではないと言われそうですが。でも発見したときの喜びは何にも変えがたい喜びなのでしょうね。

今回の地球に似た惑星は、NASAが太陽系以外で地球に似た惑星を探すために、おととし打ち上げたケプラー宇宙望遠鏡を使って、はくちょう座と、こと座の方角にある15万余りの星を観測してその中から見つけたものです。この惑星は、地球から600光年離れた場所にある「ケプラー22b」と呼ばれ、半径は地球の2,4倍、太陽のように熱と光を発する恒星の周りを290日かけて公転しているそうです。さらに、この惑星は恒星から適度に離れており、表面の温度は20度~22度ほどとみられており、水が液体で存在している可能性もあるということです。地球に似た惑星は、これまでもヨーロッパの研究チームによって2つ発見されていますが、NASAは、今回見つけた惑星の環境が最も地球に似ていると考えていて、太陽系以外での生命の探査につながるものとして、さらに詳しい観測を続けることにしているそうです。

同惑星は、液体の水が存在しうる「ハビタブル・ゾーン」上にあり、今後は同惑星が地球のような岩石惑星なのか、海王星に近いガス惑星なのかを調べる研究が行われるそうです。
またこの発見を踏まえた上で、生命が存在しうる惑星が銀河系にどの程度存在するかについても推測する予定だそうです。生命の存在には、太陽に相当する恒星と惑星との距離が、液体の水を維持できるよう適度に離れている「ハビタブルゾーン」にあることが必要とされています。NASAによると、ケプラー22bは理想的な位置にあると言い、新たに1094個の惑星候補を発見しており、ケプラー宇宙望遠鏡でこれまでに発見された惑星候補は2326個となったそうです。このうち生命が存在する可能性があるものは48個だそうですが、以外と生命の存在の可能性のある星と言うのがすでにたくさん見つかっているのですね。

今年5月にも、フランスの天文学チームが生命存在の必須条件を備えた岩石型の系外惑星「グリーゼ581d」を確認していて、8月にはスイスの天文学チームが地球から36光年の距離にある惑星「HD 85512 b」が主星のハビタブル・ゾーン内にあることを確認しているそうです。NASAによると、これらの惑星の主星は太陽よりも小さく温度も低いため、今回発見した「ケプラー22b」のほうが生命の存在の可能性が高いとしています。ちなみに、これまでに太陽系外のハビタブル・ゾーンで確認された地球型惑星のなかで、「ケプラー22b」は最も小さいといいます。小さいと言っても地球の2,4倍ですので決して小さいと言う惑星ではありません。

ちなみに、ハビタブル・ゾーンとは、惑星の表面で液体の水が存在できる領域です。恒星が放射するエネルギー量などから、その領域が決まります。恒星のエネルギーが大きい、つまり明るいほど、ハビタブル・ゾーンは恒星から離れたところになります。地球型の生命が生存するためには、その惑星がハビタブル・ゾーンのなかで公転していることが必要だそうです。地球ももちろん公転しているわけですが、地軸と言うのが約23.43度傾いていて、この傾きがあるからこそ地球に四季というものを与えてくれているわけで、だから美しい地球となっているのです。

« 北極海はなぜ温暖化を加速させるのか? | トップページ | 2011年ヒット商品番付 »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASAは今まで最も地球の環境に似た惑星を発見したと発表!:

« 北極海はなぜ温暖化を加速させるのか? | トップページ | 2011年ヒット商品番付 »