最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 回転寿司のカロリーチェック。ハイ&ロー! | トップページ | 数字のマジック! »

2011年11月13日 (日)

セシウムを99%土壌から除去!さらにたった10秒で99%のセシウムを除去する新技術も!

放射性物質で汚染された土を水で洗ったり、ふるい分けたりして、放射性セシウムを99%除去することに京都大農学研究科の豊原治彦准教授と土壌改良ベンチャー「アース」(仙台市)が成功しました。田んぼなどの粘土状の土では除去が難しいが、公園の表土など、粒が大きい土砂では効果が高いとしています。

この実験結果を応用し豊原准教授らは、一億~三億円かけて約十メートル四方と約二十メートル四方の大きさの二基のプラントを製作しており、今後自治体などと実験を進めたい考えです。プラントを使った場合、一トンの汚染土壌が約五十キロまで減らせるそうです。実験に使ったのは福島県郡山市の一キロ当たり三〇〇〇~五〇〇〇ベクレルの土で、粘土の重さは全体の4%。一回当たり二百グラムの土を、マイクロメートル(マイクロは百万分の一)サイズの極めて細かい網目のざるに入れ、数回にわたって水を流しながらステンレスたわしで洗うと88%のセシウムが水に移ったそうです。

さらに12%のセシウムが残った洗浄土を乾燥させ、目の細かいふるいで粘土を取り除いたところ、大半のセシウムが吸着したそうです。粘土はセシウムとの結び付きが強く、離れにくいとみられ、これで汚染土壌から計99%のセシウムを取り除けた。水や粘土中のセシウムは、マグネシウムを含んだ鉱物を使った吸着、沈殿剤を利用することで固化も可能になったそうです。豊原准教授は「除去したセシウムを土に埋めても、固化されていれば地下水に溶け出さない」と話しています。

またひとつ、たった10秒で99%のセシウムを除去する新技術を慈恵医大が発表したそうです。並木講師らが考案したのは、ナノ(10億分の1)メートルの磁性の微粒子を利用し、牛乳や血液、海水から、最短15秒で、放射性物質を取り除く方法とのこと。 実験方法は、癌の治療薬剤を患部に送るシステム用に開発された磁性結晶(直径70~80ナノメートル)と、セシウム吸着材をくっつけた微粒子を作るのだそうです。これを、セシウムを含んだ牛乳などに混ぜ、磁石を近づけることで、セシウムを吸着した粒子が磁石に引き寄せられ、99.9%のセシウムを15秒~60秒で回収できたと言います。

こうして見るとみると日本の技術力の高さをかいま見る気がしますが、これほど短期間にこうした技術が次々開発できたのなら、想定外の事態になる前になぜ想定しておかなかったのかということになります。開発できる力がありながらその知恵を使っていなかったことになるのと同じことで、何か事が起きなければ何もしないと言うようなものです。これでは不測の事態に備えることができなくても不思議はありません。最初から原子力事故を想定していないのですからなんともなりません。こんな日本では世界から相手にされなくなっても不思議はありません。

事故を矮小化するし、正確な報告はしないし、後から違う報告はするわと、最初は世界から同情され日本人の態度に賞賛の声すらあったものが、時間の経過とともに日本を非難する国が増えているのもうなずけます。こんなことをしていると、日本は世界から信頼されない国になるし、日本のことに聞く耳を持たなくなってしまいます。それは世界から日本が取り残されることであり、いままでの遺産で今食べているようなもので、いずれ発展途上国の国になってしまいかねません。

« 回転寿司のカロリーチェック。ハイ&ロー! | トップページ | 数字のマジック! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 回転寿司のカロリーチェック。ハイ&ロー! | トップページ | 数字のマジック! »