最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 末期の大腸がんの治療法が増え、患者の症状や希望にあわせた治療ができるようになった! | トップページ | 限界集落の神子米をローマ法王に献上することで一躍有名にしたスーパー公務員! »

2011年10月 1日 (土)

中国宇宙戦略強化!宇宙ステーションが軍事利用されないか警戒の声も!

中国が宇宙戦略を強化しています。それは他の国でも宇宙開発には力を入れているので、それ自体問題にすることではないのですが、中国の場合は、最近とみに周辺国とのトラブルが増えており、空母を建設したり、ステレス戦闘機を公開するなど一段と軍事力の強化に動いているだけに宇宙開発の強化に対して注視しているのです。そんなとき宇宙でも実験船の打ち上げなどを計画していたりするなど、平和利用目的の宇宙開発だと言いながらも、先ほども言ったような動きがあるため、中国政府の言うことを鵜呑みにはできず、宇宙開発を軍事利用するのではないかという懸念が強まっているのです。

その強化の第一歩が実験船である「天空1号」の打ち上げです。宇宙空間での無重力実験を通して新素材などを開発し、将来のビジネス展開に繋げたいという考えと言う事です。さらには月面着陸や火星探査も視野に入れ始めています。こうした宇宙開発技術は実は将来のビジネスとなると同時に、その裏腹になるものとして、軍事利用の懸念も含め宇宙でも中国が覇権を狙っているのではないかという懸念が広がっているのです。宇宙開発は平和利用と軍事利用と表裏一体であるだけに、中国のこうした動きに神経を尖らせる国がいたとしても不思議はありません。特に中国は他国と強調するということがないため、宇宙での覇権を握ることが目的ではないかという疑念が拭い切れないのです。

中国政府は来年以降「天空2号」「天空3号」を打ち上げる計画であり、「天空1号」では宇宙空間での材料など3分野の研究に限定するようですが、2号3号では、化学、医学、生物学、物理など様々な実験に対応できるようにするそうです。それらでは各国との連携を模索し、ドイツとは生物培養実験、フランスとは化学実験を手がける見通しです。これらを通してビジネス面での優位を目指すと言うわけで、そのため現在、女性2人を含む21人の宇宙飛行士が北京市郊外で訓練を続けているそうです。中国有人宇宙技術弁公室では「宇宙空間での資源開発利用は人類の発展に必要だ」と語っていますが、それが中国だから不安を覚えるのです。

というのは、中国が宇宙ステーション建設に力を入れているだけでなく、それはその先を見据えての第一歩としているからです。月探査において2010年に中国2番目の月周回探査衛星を打ち上げていますし、13年ごろまでに無人ロケットを月面に軟着陸させ、月面車で探査を開始するという計画を持っているのです。この流れで行く、その先にあるものとはと言えば、それは宇宙基地の建設であり、月での中国領土の確保という狙いが込められており、少しでも他国よりも早く月面基地を建設できるように手を売っているのではないかと疑念を持たれているのです。政府は有人月面着陸の具体的計画はないと言っていますが、中国のことであり信用はできません。

さらに中国にとって都合の良いことには、国家予算を宇宙開発に集中的に戦略分野に投入できる余裕があるということです。金の切れ目は縁の切れ目で、もし日本がもっと積極的に宇宙開発をしようにも、今の財政状態では宇宙開発すらまともにできない状態であり、それは他の先進諸国も同様で、財政危機で支出を押さえられるなか、中国は軍事と同様に多額の宇宙予算をつぎ込んでいるとされています。中国政府は第一段階としてまず約2400億円を投資したとしているだけで、詳細は公表していません。

先進国各国が心配するわけは、宇宙ステーションの軍事利用の可能性に懸念を示しているからです。と言うのも、中国の宇宙計画は事実上人民解放軍が主導しているからであり、政府の統制が本当に取れているのかよく分からないところがあるからです。とは言っても技術面ではまだ課題は多く、有人宇宙飛行の成功などで力をつけてきていますが、火星探査はロシアに頼っておりまだロシアとの差はまだ開きがあるようです。

グローバルスタンダードという言葉は中国には通用しない国であり、自国の利権のためなら何をするか分からないところがあるだけに、各国も財政余力がないときだけに不安を抱いているのです。グローバルスタンダードという言葉は中国には通用しない国であり、自国の利権のためなら何をするか分からないところがあるだけに、各国も財政余力がないときだけに不安を抱いているのです。ちなみに天宮1号」打ち上げ成功したのですが、機体の一部落下が予想されるため10万人が避難したそうです。

« 末期の大腸がんの治療法が増え、患者の症状や希望にあわせた治療ができるようになった! | トップページ | 限界集落の神子米をローマ法王に献上することで一躍有名にしたスーパー公務員! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 末期の大腸がんの治療法が増え、患者の症状や希望にあわせた治療ができるようになった! | トップページ | 限界集落の神子米をローマ法王に献上することで一躍有名にしたスーパー公務員! »