最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 科学者が語る原発で見えた日本の弱み! | トップページ | サイバー攻撃を防げ!日本の守護神は16歳! »

2011年5月29日 (日)

藻から石油、日本も産油国になれるか?

奇跡の藻、オーランチオキトリウムが日本を産油国に変えると言う話です。これは、オイルを作る藻類の一種で、従来よりも10倍以上高いオイル生産能力を持つというものです。この藻が今、世界中から注目の的になっているのです。最近では地上植物に比べて、藻類のバイオ燃料生産効率が高いことが広く知られるようになっていました。例えば、トウモロコシの場合は1ヘクタール当たり年間0.2トン、大豆は0.5トン、アブラヤシで6トン。
これに対して、藻類のボトリオコッカスですと、最大で100トン以上にもなると試算されています。そのためか、アメリカなどでは数兆円という巨額の研究資金を投資して研究しているほどで、日本がこの藻を発見したことでアメリカから共同開発を持ちかけられたのです。

しかしこの奇跡の藻の発見者である筑波大学大学院生命環境科学研究科の渡辺信教授はこれを断ったのです。なぜかと言うとメイド・イン・ジャパンに拘ったと言うことであり、共同開発をしたのでは技術が盗まれてしまい、結局、日本は石油輸入国のままになってしまうという考えからです。確かに、アメリカと手を組めば資金的な心配や技術支援などの心配をしなくてすむし、アメリカに認められれば、それは世界からも認められることであり、名誉も手に入れ不自由ない生活が待っているのでしょうが、あえてそうせず、日本のために共同開発を断ったのです。しかしそれだからこそ産業界からの支援は不可欠であり、政府からの資金援助も欠かせません。

この藻は水中の有機物を食べ体内に石油を溜める性質があるのです。しかも藻類は他の作物に比べて圧倒的にオイル生産効率がいいのです。ところが問題もあって、今までは、一番パフォーマンスがよい開放系のプール培養でも、藻類のボトリオコッカスから取れるオイルは1リットル当たり155円、閉鎖系のリアクター培養ですと800円にもなり、原油の数倍から10倍になってしまい事業としては成立しないのです。生産効率を1桁は上げるには、ボトリオコッカスの持っている能力を今の10倍に強化するか、ボトリオコッカス以外の優れた藻類を探すことでした。

そこで教授はボトリオコッカス以外の優れた藻類を探すことにし、発見したのがオーランチオキトリウムだったのです。これは沖縄のある場所で発見されたもので場所は秘密になっています。それはマングローブの根元でひっそり暮らしていたそうです。大きさは15μと言って1mmの1000分の15の大きさです。こんな小さなものですが、オイルの生産効率がボトリオコッカスに比べて圧倒的に優れているそうです。オイルの生成量でいえばボトリオコッカスの3分の1ですが、増殖スピードが36倍と速いので、生産効率は従来に比べて単純に計算すると12倍になるのです。オーストラリアのアデレード大学のデビット教授は、日本は産油国になる可能性がると言わしめる所以です。分かりやすく言うと、20万haで藻を培養すれば、20億トンの石油ができるようになると言う事だそうです。だから日本は産油国になると言われるのです。それには日本が一日も早い実用化にかかっているわけで、この競争に敗れれば、日本の産油国になる夢も破れてしまいます。

今回初めて、オーランチオキトリウムから取れた油を3%混ぜた燃料で最新のトラクターが動くかの実験をしました。本当は100%の燃料で行いたいのですが、今の日本の法律ではバイオ燃料の割合が決められているので、今回はとりあえず3%の混合燃料での実験となったものです。そして1ヶ月あまりで1,5ℓの油ができたので3%混ぜた燃料を入れ、トラクターのエンジンのスイッチを渡辺教授自身がスイッチを入れたところ、見事エンジンがかかりトラクターは動いたのです。渡辺教授は「この一歩は小さな一歩ではなく大きな一歩だ」と言っていました。しかもその後、藻で作った油100%で燃焼実験をしたところそれにも成功したのです。

確実に、成功への道を進んでいるようです。そしてこれが日本を産油国にし、さらにはこの技術でどこの国でも作るようになれば、化石燃料などに頼らないエネルギーがより簡単に手にすることができるようになり、安定した、安全なエネルギーを手に入れることになるのです。と言う事で期待は大きいです。一刻も早くこの技術が実用化されることを祈っております。ちなみに、東北の津波を被った田んぼで、オーランチオキトリウムを育てれば、被災地にも、日本にとってもすごくいいと、「たかじんのそこまで言って委員会」の勝谷氏が言ったことをうけ、田中康夫・新党日本代表が津波被害の農地を、数百億円かけて元に戻すという政府案に反対を表明し、「オーランチオキトリウムは1㌶あたり、年間1万トンの炭化水素を作り出せる。2万㌶で日本の年間石油消費量を賄える。アメリカメジャーに取られる前に、国策で進めるべき」だと国会で発言したのです。そうした案は大変有効であり、ぜひ実現してほしいものです。

参考:日本が産油国になる日 高画質版
http://www.youtube.com/watch?v=IVObdsDFUFU&feature=player_embedded

« 科学者が語る原発で見えた日本の弱み! | トップページ | サイバー攻撃を防げ!日本の守護神は16歳! »

自然・環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藻から石油、日本も産油国になれるか?:

« 科学者が語る原発で見えた日本の弱み! | トップページ | サイバー攻撃を防げ!日本の守護神は16歳! »