最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 藻から石油、日本も産油国になれるか? | トップページ | 15年度の国内携帯電話の7割超がスマートフォンになる! »

2011年5月30日 (月)

サイバー攻撃を防げ!日本の守護神は16歳!

今回、ソニーはセキュリティの甘さを突かれサイバー攻撃され、ソニーの経営戦略の根幹を担うネットワーク事業が揺らいでいます。2件合わせて1億件を超える顧客情報流出に続き、7日には3件目の情報流出も明らかになっています。ソニーともあろう企業がなぜこれほど簡単に進入されたのでしょう。それには伏線となる事件が関わっていたと言われています。ソニーは1月、ある米国人の若者を知的財産権の侵害で提訴していました。名前はジョージホッツ。ソニーのゲーム機に関する情報をかってに公開し、海賊ソフトの利用を可能にしたからです。

常識的に見てこのような行為は当然、処罰に値する行為だと思われますが、一部のハッカーが「ソニーは自由な技術の追求を妨げた」と反発してサイバー攻撃を始めたとされています。しかしこのような行為は人の家にかってに入って物を盗んだのと同じ行為で、ただそれがネットなので進入といってもネットケーブルから進入したことと、盗んだものが情報ということが違いはありますが、本質的には同じ行為であり、これが技術の発展を妨げる行為だとはとても思えません。では盗まれた情報がもし悪用され顧客に被害が発生した場合誰が責任を取るのでしょうか?泥棒は保障してくれません。結局は取られ損の泣き寝入りです。今回はソニーが保障するのですが。

泥棒に入られた人がしっかり鍵をかけていなかったからといって罪に問われたでしょうか?鍵をいくらしっかり掛けてもどんな手段をとっても入ろうという泥棒にはそれを防ぐことはかなり難しいのです。普通は防ぐ手段がないでしょう。それでも泥棒が罪に問われなかったら法律も規則もあったものではありません。と言っても、ソニーの安全に対するセキュリティが杜撰だったということであれば、多くの顧客の知的財産を預かっている身ですので、これは情報管理者としての資格はありません。顧客の信頼を失ったとしても仕方ありません。つまりハッカーは情報を盗んだことは間違いないのでそれ相当の罪を背負うのは当然です。それを逆恨みしてさらに罪を重ねるようなサイバー攻撃は問題外です。こう言うのはハッカーとは言わないのです。もともとはネット技術に長けた人の名誉ある呼び方だったのです。今のハッカーは単なる愉快犯などと同じであり、進入して情報を盗めばこれは泥棒と同じです。

しかしソニーはネットワーク管理の信頼性を早期に回復できなければ、ゲーム機のほかスマートフォンやタブレット端末などハードウェアの販売にも影を落とす恐れが出てきます。また、情報開示の遅れを追及する姿勢を強める米国議会への対応を誤れば「第2のトヨタ」に陥って事態が長期化するリスクもあります。トヨタが情報の開示が遅かったためトヨタ叩きがより激しかったことを思うと、「第二のトヨタ」にならないとも限りません。がしかし、一方にはソニーは「ハッカー攻撃の被害者だ」として行き過ぎたソニー叩きを懸念する声も出ていることも事実です。ハワード・ストリンガー会長兼社長は同5日付の米国ブログの声明で「ハッカー攻撃による不便と不安」を謝罪。クレジットカード情報の悪用は確認されていないと強調し、米国のクレジットカード顧客に被害が発生した場合は1人につき最大100万ドル(約8000万円)を保険会社と協力して補償する対策を表明したが、市場では「対応が後手に回っている」と批判的な見方が強まっています。日本を代表するような大企業の相次ぐ失態は、日本の凋落を象徴しているかのようです。

ホッツは07年、17歳で「iPhone」のセキュリティを破った天才ハッカーとして知られている人物で、先ほども言いましたが、ハッカーはコンピューターに習熟し、企業や政府の枠に縛られずプログラミングなどの技術を追求する人々で、システムの欠陥を企業に教えることもありますが、本来はこうしたことに自分の技術を生かすべきであり、セキュリティを破るだけでなく情報を盗み出すと言うのは問題外です。

ちなみにグーグルも標的になっているそうで、世界のセキュリティソフト会社が防御策を急ぐなか、日本では技術者が自主的にウイルスを見張る「アンドロイドセキュリティ部」を立ち上げたのですが、各IT企業のプロの頂点に立っているのは、灘高の16歳丹羽直也君だそうです。設計図を見て弱点を見つけ出し、メンバーと対策を練るのだそうです。この人のような人にとってはセキュリティもおもしろいパズルのようなものだそうです。ハッカーは難解なパズルを解いて有名になろうと腕を競い合うのだそうですが、最近は悪質ハッカーが増えているそうです。こうした力はセキュリティの弱点を見つけ出し、悪徳ハッカーの侵入を防ぐというほうに使ってほしものです。

« 藻から石油、日本も産油国になれるか? | トップページ | 15年度の国内携帯電話の7割超がスマートフォンになる! »

経済・金融・投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイバー攻撃を防げ!日本の守護神は16歳!:

« 藻から石油、日本も産油国になれるか? | トップページ | 15年度の国内携帯電話の7割超がスマートフォンになる! »