最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生まれ順による相性 | トップページ | 長良川のアユに異変が! »

2010年6月14日 (月)

はやぶさ地球帰還に成功の快挙!

飛行7年、60億キロの旅を終えて、ついにはやぶさが地球に帰還しました。小惑星探査機として惑星間飛行をして帰還したのは世界初の快挙で、大気圏に突入し本体は最期の輝きを放ち流れ星となり、将来の技術継承の夢を託し消えていきました。それと同時に7年もの時を経たタイムカプセルはオーストラリア南部・ウーメラ付近の砂漠に帰還、貴重なイトカワの砂かガスを積んでいる可能性が高いとされており、太陽系誕生を知る手がかりがあるものと期待が高まっています。満身創痍で帰還したはやぶさを見てまるでドラマを見ているようなその姿に、感動し今までにない成功の高揚感と言うものが起こり大きな拍手が沸いたということです。このともし火の火を消さないことが今後の日本の宇宙開発の礎となってさらなる発展をし、人々の精神的な連帯感を生むことで今の日本の閉塞感を打破し、日本にこれからの勇気をもらいたい。

はやぶさは13日の午後8:21分、日本時間の7:51に探査機からカプセルを分離、11:21頃、大気が薄く存在する高度200kmに秒速約12キロの超高速で突入しました。月以外の天体との往復は世界初の快挙であり、トラブル続きで当初の予定より期間が3年遅れただけに今回の飛行で多くのもの手にした日本です。それは太陽の周りを約5週するほどの長い旅でした。カプセルの回収は14日からすると宇宙機構は言っていますが、その中にはどんな宝物が入っているか期待と不安がいっぱいです。もし仮に入っていなかったにしても今回の業績に変わりないし、入っていれば小惑星の物質が地上に回収されたということでこれも世界初の快挙となります。

隼は本格的な宇宙探査に向けた技術の実証機と言うことで、先進的なイオンエンジンや自立ロボットとしての小惑星への接近、着陸、岩石採取、地球への帰還、回収といった様々な技術と試して、これらほとんどのもので成功を収めたのです。唯一成功しなかったものはイトカワに金属球を発射して岩石を舞い上がらせ採取することです。しかしこれらは日本の宇宙史に飛躍的な一歩を期すると同時に、世界の宇宙探査をリードすると言う大きな成果を上げたのです。こうしたことがこれからの日本の自信となってさらに良い方向へ引っ張ってほしいものです。こうした数々の危機を乗り越えミッションをやり遂げたことは1970年のアポロに匹敵するとさえ言う人もいます。これで日本は世界でもナンバーワンの探査技術を手に入れたことになりました。

今回,様々なトラブルに見舞われたのですが、その中でもはやぶさの姿勢制御装置が故障して機体が回転した時は、イオンエンジンの燃料をわざと漏らす事で制御装置の代わりにして姿勢を回復させるという物凄い裏技を思いつきはやぶさを救っています。それがすんだと思ったら、今度こそダメだと思わせたトラブルが、昨年11月のイオンエンジン4基のうちの3基がダウンしたときだそうです。残り1基では力不足で帰還できなかったからです。これを救ったのがエンジン同士を結ぶ回路を使って壊れた2基の正常な部分を組み合わせて1基として使うことで危機を脱したのです。こうした機転が利かすことができたのも実物を作るときに万が一のことを考えてこの回路をひそかに組み込んでいたからなのです。当然、この回路が上手く行くかどうかテストさえもできていなかったので、失敗すると機体全体を壊す危険もあったのです。そんなぶっつけ本番の回路は恐ろしくて使えなかったのですが、この機会を逃すと帰還はまた数年伸びることもあって敢えて回路を繋いだのです。そして見事イオンエンジンはイオンを噴出し大きな賭けに勝ったのです。ということで地球帰還の道が開けたのです。

最後にイオンエンジンを担当するNECのシニアマネージャーは4基のエンジンにひそかに自分と妻と娘、息子の家族の名前をつけたのだそうです。最後に回路で結ばれたのは自分と妻のエンジンだったそうです。本人のエンジンは打ち上げ直後に調子が悪くなったのですが、最後に妻と力を合わせて地球に帰還したと言うわけです。何と人間的なドラマを感じさせる話だと思いませんか?

« 生まれ順による相性 | トップページ | 長良川のアユに異変が! »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ地球帰還に成功の快挙!:

« 生まれ順による相性 | トップページ | 長良川のアユに異変が! »