最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミツバチ哀史 | トップページ | 今年は遣米使節団150周年 »

2010年6月 6日 (日)

小惑星探査機「はやぶさ」帰還確実!

JAXAは小惑星探査機「はやぶさ」が軌道修正に成功したと発表しました。これにより7年ぶりに「はやぶさ」が地球に戻ることが確実となり、13日の夜、大気圏に突入する予定です。本体はそのときに燃え尽きてしまいますが、小惑星の砂が入ったカプセル(可能性がある)はオーストラリア南部のウーメラ砂漠に落下する予定です。はやぶさは軌道修正するために3日からイオンエンジンを噴射して地球を通り過ぎる軌道から地球に落ちる起動に変更する作業をしてきたもので、5日午後、停止させて軌道修正の成功を確認したものです。地球からは約360万キロのところを飛行しています。

2003年に地球を出発した「はやぶさ」は火星の外側の軌道と地球の内側の軌道を周回する小惑星「イトカワ」に05年に着陸、岩石片の採取装置は働かなかったものの着陸で舞った砂やチリがカプセルに入った可能性があるのです。相次ぐエンジンの故障などのトラブルにもかかわらず、それらを克服し60億kmを旅し、今回の帰還にこぎつけたのです。そのときは複数のエンジンが故障するなどいくつものトラブルに見舞われ地球への帰還が危ぶまれていたのです。今回のプロジェクトの中では惑星に着陸して地球に帰還すると言うのが最も重要な目標だったわけで、それを見事成し遂げて帰還の途についたのです。

これにより月以外の天体、月より遠い天体に着陸した探査機が地球に戻るのは世界で初めての快挙というわけです。さらに小惑星の砂が手に入れば太陽系の成り立ちを知る手がかりになることから、それがあるかどうかの関心は大変高いものがあります。そして9日にはもう1度、軌道の微調整がありより正確に目標地点に落下するようします。分離されたカプセルは高度約十kmでパラシュートを開き電波を発信、落下地点を把握する予定です。はやぶさは帰還に向けて計4回もの軌道変更をして今回は3回目で、あと1回は9日の予定になっています。そして13日午後11時ごろ、はやぶさと、切り離されたカプセルが大気圏に突入、カプセルだけが約1時間後に落下し、はやぶさ本体は燃え尽きるのです。

ちなみに小惑星イトカワとは日本の宇宙開発の父である糸川英夫博士から来ていて、戦後の資金もなく政府の支援もない状態のなかで、一民間人としてロケット開発を手がけた人物です。そしてペンシルロケットから始ってついには純民生技術のみで日本発の人工衛星を打ち上げたのです。それも世界でも4番目と言う快挙だったのです。博士は戦前、航空機の技術者だった人で、一番代表作があの戦闘機「隼」だったのです。まさに日本を代表する航空機だったのですが、敗戦により航空機開発は禁止されてしまい日本の航空機技術は壊滅的打撃を受けてしまったのです。その結果、多くの技術者たちは空への夢を捨て、新幹線とか自動車開発へ転向して行ったのです。しかし最後まで空への夢を捨てずロケットと衛星に自らの思いを託し、日本宇宙技術の基礎を固めた人なのです。今回の帰還は博士の執念がそうさせたものかもしれません。

« ミツバチ哀史 | トップページ | 今年は遣米使節団150周年 »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星探査機「はやぶさ」帰還確実!:

« ミツバチ哀史 | トップページ | 今年は遣米使節団150周年 »