最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初の金星探査「あかつき」打ち上げ迫る! | トップページ | 中流層減少一途 »

2010年5月17日 (月)

新型ロケットを13年度に打ち上げ!

今回もロケット関連です。JAXAは三菱重工と共同で主力ロケットH2Aをもとに多段噴射タイプの新型ロケットを開発することになったそうです。これは宇宙でエンジンを繰り返し噴いて、搭載した気象衛星などを静止軌道まで直に送り届けるというものだそうです。さらに複数の衛星を別々の軌道に打ち分ける性能も備わるそうで、2013年度の打ち上げを目指すとあります。

必要は発明の母と言いますが、実は日本は緯度の高いところから打ち上げるため、衛星の軌道投入に余分な燃料がかかるのです。ロケットは赤道から東向きに打つと自転する地球の力を借りて無駄を最も減らせるのですが、日本の地理条件はアリアンの射場がある南米のギニアよりも不利だったのです。そのため地理的条件が国際競争力を削いでいたのですが、しかしそうした不利条件があったからこそこの多段噴射技術が生まれたのです。もしヨーロッパと同じような条件で打ち上げることが出ていれば、この技術は生まれなかったかもしれません。これによりアーリアンロケットと同等かそれ以上の性能を手に入れることになるのです。

新型ロケットの打ち上げ能力は需要の多い4から6トンで、開発はH2Aもとにしているため160億円ですみそうです。これは宇宙でエンジンを2度噴射するのですが、これまでのロケットは途中の2段目で衛星から離れ、あとは衛星が自分のエンジンを噴射しながら軌道を修正していたのです。しかしこの新型ロケットは衛星を搭載したまま長時間飛行し目的の軌道へ衛星を直送できると言うのが特徴だそうです。これだと衛星側は燃料を約3割節約できるのだそうです。そのため衛星を運用出来る期間が一般的には15年ですが、それが19年と4年間寿命が延びるのです。さらに噴射具合を調整し異なるタイプの衛星も同時に打ち上げられるそうです。

新型ロケットの特徴をまとめると、①宇宙空間で多段噴射②ロケットが宇宙空間を長時間飛行③2つの衛星を異なる軌道に投入できる④H2Aの既存エンジンを活用するため、開発期間が短くしたり、コストを抑えることができる。となっています。

これ以外にも打ち上げる衛星の大きさに見合うロケットをそろえるとしています。三菱重工はH2Aを現在の2機種から、20年までに6機種程度に増やし、現行機種から補助エンジンを全て外して4トン以下に対応したり、主エンジンを2基にして6トン以上にしたりする研究も進めるそうです。さらにJAXAはH2Aで運ぶには軽すぎる1トン程度の衛星を打ち上げる次世代小型ロケットの研究にも着手したそうです。こうした狙いは衛星を安く確実に宇宙へ運ぶ手段を確立し、打ち上げ需要を取り込むことにあるのです。しかし戦略の立案やトップセールスの役割を担う政府の動きは鈍く、民間企業がロケットを打ち上げやすくする宇宙活動法(仮称)の法案作りを行っているそうですが、所管官庁を何処にするかで中ぶらりんの状態のままだと言います。ここでも政府は意思決定ができていません。

« 初の金星探査「あかつき」打ち上げ迫る! | トップページ | 中流層減少一途 »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型ロケットを13年度に打ち上げ!:

« 初の金星探査「あかつき」打ち上げ迫る! | トップページ | 中流層減少一途 »