最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« TVで見た日本の最新ロボット | トップページ | 海外で活躍する日本人 »

2008年4月12日 (土)

かぐやの満地球写真

http://wms.selene.jaxa.jp/data/jpn/hdtv/006/hdtv_006_5/hdtv_006_5_l.jpg

かぐやがハイビジョンカメラで「満地球の出」を撮影に成功しました。月周回衛星「かぐや」は、2007年11月に右側が少し欠けた「地球の出」をハイビジョンカメラで撮影しましたが、今回、全く欠けていない「“満”地球の出」のハイビジョン撮影に成功しました。約38万km隔てた宇宙からの「満地球の出」のハイビジョン撮影は、世界で初めてのことです。満地球を撮影するためには、月、地球、太陽、「かぐや」の周回軌道が一直線に並ぶ必要があり、この位置関係になるタイミングは年に2回しかありません。                 「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」

暗黒の世界にくっきりと青く輝く地球の姿を見ると、如何にこの地球の存在と言うものがすばらしい事なのかと言う事が分るような気がします。何と言っても38万km離れた月からのハイビジョン映像と言うのは、世界初だそうですばらしい事だと思います。ヨーロッパやアメリカからのハイビジョン映像ではありませんよ。月からの映像ですから今までに見たことのない景色ですからね。仮に自分が月に立って地球を眺めたらこのように見えるんですね。しかし地球にいながらにして映像を見るとこができると言うのは、時代の移り変わりの早い事を実感します。そしてこういう時代に生きているからこそ、こういう写真も見えると言うものです。それが日本の人工衛星からの写真というのがまた嬉しいですね。

昨年9月に打ち上げられたかぐやは、月の高度約100キロメートルの高さを回りながら今も観測を続けているのです。この写真は4月6日に月の裏側の南極付近を飛行しているときに撮影されたものだそうです。地球のどのあたりの写真かと言いますと、上の方が南極と言う事で下は北極になりますので、地球儀の世界地図とは逆に見えます。真ん中に太平洋があり左下に北アメリカ大陸があるのですが、ちょっと分りにくいですよね。。こうして見ると地球の美しさが際立っています。ごつごつした岩だらけの月と比べるべくもない美しさです。もし仮に月に立って地球を見たら地球が愛おしく思えてくるかも知れませんね。宇宙飛行士も宇宙から地球を見てからは、今までの人間同士の争いの醜さを思い出し何と愚かな事だと思うそうです。地球には国境という線はないのだと。また地球の空気の層の薄さを見るとこんなに薄いのかとびっくりし、もっと地球を大切にしなければと言う気持ちになるそうです。そう言う気持ちをみんなが共有できれば地球ももっと安らかな惑星になるのではないかと思うし、そうなってほしいものです。

今回はMySoundで曲を公開しているShifさんの曲を一緒に載せます。神秘的な曲を作っておられ宇宙にぴったしです。ユーチューブに映像と曲を一緒に公開していますので紹介致します。

http://jp.youtube.com/profile?user=JIHIF

« TVで見た日本の最新ロボット | トップページ | 海外で活躍する日本人 »

宇宙・サイエンス・科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐやの満地球写真:

« TVで見た日本の最新ロボット | トップページ | 海外で活躍する日本人 »