最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なくて七癖 | トップページ | くっつき虫 »

2007年11月13日 (火)

海外の犬事情、チェコのプラハ

070829094 今日はチェコのプラハから犬の最新事情をお送りいたします、とラジオで言っていました。私が行って話ができると良いのですが、残念ながらそう言うわけにもいきませんので悪しからず。なかなか海外の犬事情なんて聞けませんから、たまにはこういう話も聞きたいでね。それによりますと、今プラハではもう雪が降っていて、外を歩いているときはコートとブーツを履いているということで、もう冬スタイルと言う事でした。だから犬も歩くときには靴を履いている犬もいるそうです。ただ歩いていると滑って怪我をするため、,バンドエイドを張っている犬も目に付くそうですが、どこかユーモラスな感じがします。そして日本では冬になると服を着る犬も目立つようになってきましたが、プラハでもやはり服を着ている犬は多いそうです。その時目に付く事は、中には服ではなくクッションをくっ付けて歩いている犬もいるそうです。最初見たときは笑ってしまったと言いますが、私でもそんな光景を見ると笑ってしまうと思いますよ。ちょっとそう言う風景を想像してみてください。やっぱり笑えるでしょ。プラハでは外で飼っている犬はおらず、ほとんど室内犬だそうです。これは多分かなり寒いから外で飼っていると死んでしまうからではないでしょうか?そのくらい寒いと思いますよ。ここでは犬が大切にされているようで、公共機関に乗るとき犬もいっしょに乗れるそうです。それに乗っていてもほとんど吠えないそうですから、躾も行き届いているそうです。だから公園などに行っても犬にリードが付いてないそうです。すごいですね。日本ではちょっと考えられない事です。そう言う点は日本ももっと見習わなくてはいけないところだと思います。と言うか、日本と言うところは犬に対して結構虐待国なんですよね。直接の暴力もそうですが、飼いだしてもすぐ捨ててしまい、捨てられた犬がたくさん保健所行きとなって、処分されていると言う事はあまり言わないですからね。ヨーロッパに比べて遅れていると言うより悲しい事です。犬を飼う資格のない人が多すぎると言う事です。話がそれましたが、犬の乗車の話で、犬の乗車運賃は人間より高いそうです。一応子供の料金ですが、遠くに出かけても割引がないので高いそうです。後は食べ物ですが、ドッグフードだそうですが、これは変わりません。ただ種類は少ないそうです。ざっとこんなところでしょうか?国が違えば犬事情も違うと言う事です。あぁ一つ忘れていました。飼われている犬種としてはラブラドールやダックスフンドが多いそうです。この辺はいっしょですね。もし他国の犬事情について知っている人がいましたら、教えていただくと嬉しいし、楽しい話もあるでしょうね。ではお待ちしてまぁーす。

« なくて七癖 | トップページ | くっつき虫 »

プチプチ・プッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外の犬事情、チェコのプラハ:

« なくて七癖 | トップページ | くっつき虫 »